タグ: 基礎を固めたい

指値と成行の違いを徹底比較!【使い方と疑問を解決】 指値と成行の違いを徹底比較!【使い方と疑問を解決】

指値と成行はどちらがいいのか 株や為替を取引する際の注文方法には、指値注文と成り行き注文の2種類があります。 それぞれの意味と役割、メリットやデメリットをみていきましょう。 指値注文とは 指値注文とは、為替を買う、もしく…

株取引での指値注文【指値と成行の違いと使い方】 株取引での指値注文【指値と成行の違いと使い方】

株取引の注文方法 指値注文とはなにか 指値注文とは株を売買するときに、買うときの株価や売るときの株価を自分で指定する注文方法です。 例えば現在価格が500円だとした場合、「株価が400円まで落ちてきたら1000株分買いの…

FXトレード【指値注文と逆指値注文を解説】 FXトレード【指値注文と逆指値注文を解説】

FXでの指値注文 指値注文とは 指値注文とは、現在の価格よりも「安く買いたい」「高く売りたい」ときに現在の価格よりも有利なレートを指定して発注をする予約注文のことを言います。 有利なレートとは 現在レートが1ドル120円…

RCIの計算式について解説【時間要素の重要性】 RCIの計算式について解説【時間要素の重要性】

RCIとRSIの計算式の違い RCIは一定期間の価格と期間に順位をつけて計算し、その「相関関係」を見るためのインジケーターです。 一方RSIは一定期間の値幅を基に計算し、買いと売りの圧力の「相対」をみるためのインジケータ…

MT4、MT5でのチャート分析が劇的に変化するRCIの設定と表示方法 MT4、MT5でのチャート分析が劇的に変化するRCIの設定と表示方法

RCIを表示することでわかること RCIは相場の過熱感や強弱を読み取るために表示するテクニカル指標系のオシレーターです。 現在の価格が買われすぎているのか売られすぎているのか、もっと買われそうなのかもっと売られそうなのか…

FXでRSIはどう使う?基本手法や設定期間の考え方を簡単解説 FXでRSIはどう使う?基本手法や設定期間の考え方を簡単解説

RSIとは? RSIは最も代表的なオシレーター系インジケーターの一つで、多くのトレーダーに利用されています。 上の画像の下側にあるサブチャートに、紫色のラインで表示しているのがRSIです。 RSIの正式名称は「Relat…

グランビルの法則|チャートと移動平均線の関係で方向性を測る グランビルの法則|チャートと移動平均線の関係で方向性を測る

要するに、グランビルの法則とは 200日移動平均線とチャートの位置関係などから、今後の相場展開を予測する売買手法 8つの売買シグナルで構成され、相場のさまざまな局面における売買タイミングが分かる 判断基準が曖昧なところも…

FXトレード注文方法について|注文方法で広がるトレード戦略 FXトレード注文方法について|注文方法で広がるトレード戦略

要するに、指値注文/逆指値注文とは トレードを行う価格を指定して注文を出すことができる 指値注文や逆指値注文を組み合わせた、さまざまな注文方法が存在する うまく注文方法を活用することで、チャートを監視していなくてもトレー…

ロット計算機ツール|FXの資金管理アプリを徹底解説 ロット計算機ツール|FXの資金管理アプリを徹底解説

資金管理、リスク管理をしたい人におすすめです。FX Lot Calculatorの魅力は、シンプルな作りで操作に迷わないところです。エントリーのたびにリスクを把握し、ロットを確認することでいい加減でてきとうなエントリーを…

テクニカル&ファンダメンタルズ|それぞれの基礎概念と分析方法 テクニカル&ファンダメンタルズ|それぞれの基礎概念と分析方法

要するに、相場分析方法とは 相場分析には、テクニカル分析とファンダメンタルズの異なる2つのアプローチがある。 2つの方法のいずれかが絶対的に優れている、ということはない。 個人投資家はテクニカル分析を基本に考える。 2つ…

エリオット波動|1つの周期を5つの上昇波と3つの下降波で捉える エリオット波動|1つの周期を5つの上昇波と3つの下降波で捉える

要するに、エリオット波動とは 相場で確認されるサイクルをパターン化したもの 基本形は上昇局面5波と下降局面3波からなる 数分から100年以上の大小様々なサイクルがあり、トレードスタイルを問わず利用可能 エリオット波動から…

プロスペクト理論|トレードルールを明確化してメンタルコントロール プロスペクト理論|トレードルールを明確化してメンタルコントロール

要するに、プロスペクト理論とは シンプルにトレーダーが損をする心理を説明したもの 早過ぎる利益確定や損切りの先送りといった形で、損大利小を招きやすい トレードルールを明確にし、感情に影響を受けないトレードで克服する トレ…

強制ロスカット|これさえ分かれば怖くない証拠金維持率について 強制ロスカット|これさえ分かれば怖くない証拠金維持率について

要するに、強制ロスカットとは トレーダーとFX会社のリスクを抑えるセーフティシステム 強制ロスカットによって、トレーダーの資金がマイナスになる可能性が抑えられる 状況によっては、元本以上の損失をする可能性もある FXにお…

テクニカル分析のインジケーターとチャートパターンを徹底解説【まとめ】 テクニカル分析のインジケーターとチャートパターンを徹底解説【まとめ】

テクニカル分析とファンダメンタルズ分析 ★画像挿入【alt:相場分析方法は2種類】※以下の画像リンクようなイメージで、「相場分析方法にはテクニカル分析とファンダメンタルズ分析の2つがあるよ」ということが分かるような図表を…

ボリンジャーバンド|移動平均線と標準偏差で相場の振れ幅を予測 ボリンジャーバンド|移動平均線と標準偏差で相場の振れ幅を予測

要するにボリンジャーバンドとは 移動平均線と標準偏差で構成されるインジケーター 過去の価格のバラつきの大きさをバンド幅で表し、一定の確率で価格がバンド内に収まる特徴がある バンドに対してのローソク足の動きによって、エント…

ウィリアムズ%R|高値と終値の差から相場の過熱度を判断 ウィリアムズ%R|高値と終値の差から相場の過熱度を判断

要するに、ウィリアムズ%Rは 特定期間について、最安値~最高値における現在値の相対的な位置を-100%~0%で示したもの チャートの動きに強く反応し、いち早く反転ポイントを捉えることができる ダマシが起こりやすいため、使…

モメンタム|一定期間におけるレートの変化値から相場の勢いや方向性を判断 モメンタム|一定期間におけるレートの変化値から相場の勢いや方向性を判断

要するに、モメンタムは 過去と比べて現在のチャートがどれだけ動いたかを示すインジケーター 相場の方向性とともに、相場の勢いを把握することができる 単独で使うことも可能だが、他の分析とも併用しやすい モメンタムをアプリで表…

トレンドライン分析|相場の方向性を把握するシンプルかつ精度高の分析 トレンドライン分析|相場の方向性を把握するシンプルかつ精度高の分析

要するにトレンドライン分析とは チャートに斜めのラインを引くだけで相場予想ができるシンプルな分析手法 多数の市場参加者が意識することによりトレンドラインは機能する 2本のトレンドラインからなるチャネルラインも使えるように…

水平線分析(サポートライン/レジスタンスライン)トレンド転換を予測 水平線分析(サポートライン/レジスタンスライン)トレンド転換を予測

要するに、水平線分析とは チャートに水平なラインを引くシンプルな分析手法 チャートにおける水平線とは価格水準を意味する 市場参加者の多くが意識する水平線を引くことが大切 水平線分析の概要 チャート分析の基本的な手法として…

ダウ理論(6つの基本法則)テクニカル分析の源流 ダウ理論(6つの基本法則)テクニカル分析の源流

要するにダウ理論とは テクニカル分析の源流となる古典的相場理論 ダウ理論のベースにあるのは「トレンドは継続する」という考え方 ダウ理論を理解することで相場の環境認識が行いやすくなる ダウ理論の概要 ダウ理論は、19世紀後…

ピボットポイント|ピボット値を中心に置きサポレジや相場の勢いを予測 ピボットポイント|ピボット値を中心に置きサポレジや相場の勢いを予測

要するに、ピボットポイントは 前日価格を用いてサポレジや相場の勢いを予測できる 有効な期間が限定されているので短期トレード向けのツール 計算式が世界共通なうえ設定が固定されているので世界中みんな同じ基準で見ている ピボッ…

【初心者必見】ローソク足について|チャートの基本 【初心者必見】ローソク足について|チャートの基本

要するにローソク足とは 相場の値動きを表す、代表的な図表 日本のトレーダーの間でもっとも多く使われている ローソク足の形によって、現在の相場状況やトレーダーの心理を読み解くことができる ローソク足チャートをアプリで表示 …

フィボナッチ分析|黄金比率を用いてチャートの戻り目安を予測 フィボナッチ分析|黄金比率を用いてチャートの戻り目安を予測

要するにフィボナッチ分析とは 人が最も美しいと感じる「黄金比」をチャート分析に適用したもの 相場の反転ポイントやターゲットを予測することができる フィボナッチ・リトレースメントとフィボナッチ・エクスパンションの2つは使い…

ローソク足分析|単線、二本足、酒田五法|それぞれの見方と分析方法解説 ローソク足分析|単線、二本足、酒田五法|それぞれの見方と分析方法解説

要するに、ローソク足分析とは 日本の江戸時代に考案された古典的なチャート分析方法 ローソク足の形状や組み合わせから、今後の相場展開を予測する 相場における常識とも言える位置付けで、代表的なものは必ず押さえておきたい ロー…

パラボリックSAR|放射線状の点を用いて価格の転換点を見つける パラボリックSAR|放射線状の点を用いて価格の転換点を見つける

パラボリックSARのSARはStop and reverse (ストップアンドリバース) の略語です。 パラボリックは放射線を表し、SAR(ストップアンドリバース)が放射線に沿って点を描画していきます。 この放射線状の点…

一目均衡表|波動・時間・水準の概念をもとに相場のバランスを分析 一目均衡表|波動・時間・水準の概念をもとに相場のバランスを分析

5つのラインから過去、現在、未来の関係を読み取るオシレーター系のインジケーターです。一目均衡表の計算式から解説し、売買ポイントや具体的な使い方までを、図解付きで説明していきます。基礎から応用まで理解できる内容となっていま…

移動平均線|一定期間の価格から平均値を表示させるテクニカル分析の王道 移動平均線|一定期間の価格から平均値を表示させるテクニカル分析の王道

要するに移動平均線とは 特定期間の平均値を結んだ線で、相場が滑らかに見えるようになる 現在買いが強いか売りが強いかを判断できる テクニカル分析の基礎であり、他のテクニカル分析と組み合わせることで効果増 移動平均線をアプリ…

フォーメーション分析~チャートパターン分析~ フォーメーション分析~チャートパターン分析~

要するに、フォーメーション分析とは フォーメーション分析とは、チャートでよくある形状をパターン化したもの チャートパターンを現在のチャートに当てはめて考えることで、今後の推移を予測することができる チャートパターンの成立…

エンベロープ|移動平均線から上下に一定に乖離させた線で乖離率を分析 エンベロープ|移動平均線から上下に一定に乖離させた線で乖離率を分析

要するにエンベロープとは 移動平均線の上下に、一定幅で乖離(かいり)させた複数線を表示させたテクニカル分析 移動平均線から、現在どれくらい乖離(かいり)しているかを可視化したもの 大きな値動きがあってもいずれは移動平均線…

ストキャスティクス |価格の振れ幅から相場の過熱感を測る ストキャスティクス |価格の振れ幅から相場の過熱感を測る

要するにストキャスティクスとは 特定期間について、最安値~最高値における現在値の相対的な位置を0~100%で示したもの 買われ過ぎ、売られ過ぎを把握し、トレンドの反転を素早く捉えられる 柔軟性の高いインジケーターで、丁寧…

MACD|二つの異なる移動平均線からエントリータイミングを判断 MACD|二つの異なる移動平均線からエントリータイミングを判断

要するにMACDとは 移動平均線(EMA)を応用した精度の高いインジケーター 移動平均線(EMA)の収束と拡散をグラフ化し、エントリーポイントを明確に示す トレンドの方向性や転換点を示す MACDをアプリで表示 DMM …

【RSIまとめ】RSI(相対力指数)一定期間の値幅から値動きの強弱を分析 【RSIまとめ】RSI(相対力指数)一定期間の値幅から値動きの強弱を分析

要するにRSIとは 特定期間の上昇幅と下落幅の合計に対して、上昇幅の合計がどれくらいの割合かを表したもの 一般的に「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」を判断するために使われる 上昇トレンド・下降トレンドの判断にも利用できる RS…