タグ: 周りと差をつけたい

相場予測モデルの研究!相場の隠された法則は見つかるのか?

近年、相場予測に関するAIの研究が進んでおり、ロボアドバイザーといった自動運用の商品も実用化されてきています。 この点、裁量トレードを行う個人トレーダーにとって、AIが相場に与える影響は気になるところがあるのではないでし…

注目の研究!ゴトオビの仲値トレードが有効な通貨ペア・エントリー時間は? 注目の研究!ゴトオビの仲値トレードが有効な通貨ペア・エントリー時間は?

為替相場におけるアノマリーを利用した有名な手法に、ゴトオビの仲値を狙ったトレードがあります。 この手法を実践したことがある個人トレーダーも少なくないでしょう。 実はこのゴトオビの仲値トレードについて、茨城大学大学院の鈴木…

全行程完全解説!バイナンスの口座開設と入金方法

バイナンスとは バイナンスとは2017年に香港にて設立された「仮想通貨取引所」です。 バイナンスのユーザー数は全世界で9000万人を超え、その規模は取引高を含め世界第1位となっており、仮想通貨を取引するすべてのユーザーに…

海外取引所バイナンスで指値注文を使いこなす

バイナンスを使う前の下準備 バイナンスは海外の取引所ですが、日本国内からでも使うことができます。 バイナンスを使うにはまずは口座開設や入金をしなくてはいけません。 下記に参考サイトを掲載しておきますので、バイナンスがなに…

指値注文を計算で考える【発注可能ロットと平均取得単価】 指値注文を計算で考える【発注可能ロットと平均取得単価】

損失から計算する指値の発注可能ロット数 指値注文を予約する時には必ずストップロス(損切り)注文を入れます。 これは何が起こるかわからない金融市場では、いくら分析によって指値を指す位置をどれだけ吟味していたとしても、想定し…

仮想通貨における指値注文【指定条件と注文種別】 仮想通貨における指値注文【指定条件と注文種別】

【仮想通貨】指値注文と成行注文の違い 指値注文とは 指値注文はビットコインなど仮想通貨を売買する際に取引したい価格を指定して注文する方法で、価格を指定しておけばレートが到達した時点で自動的に注文が執行される「予約注文方法…

RCIで株価分析!売買シグナルとスクリーニングによる銘柄選定 RCIで株価分析!売買シグナルとスクリーニングによる銘柄選定

RCIを使った株価の分析 RCIはオシレーター系のテクニカル指標で、直近の株価が上昇しているか下降しているかを判断する際の目安としたり、現在の株価が割高なのか割安なのかの水準を知るために使用するインジケーターです。 RC…

RCIで最適な期間設定について RCIで最適な期間設定について

期間の違う3本のRCI設定とその役割 RCIを使用する時に3本表示とするのが最近では一般的です。 長期、中期、短期のRCIを同時表示することで売買タイミングから割高割安の判断、トレンドの判断など売買をするにあたっての情報…

RCIとは?徹底解説!RCIの意味や使い方、メリットやRSIとの違い RCIとは?徹底解説!RCIの意味や使い方、メリットやRSIとの違い

RCIとは?どんな意味? RCIはテクニカル指標系のオシレーターで「Rank Correlation Index」の頭文字を取って「アールシーアイ」とそのまま呼びます。 日本語で「順位相関指数」(じゅんいそうかんしすう)…

サイクル分析|相場で繰り返される周期に注目し展開を予測 サイクル分析|相場で繰り返される周期に注目し展開を予測

要するに、サイクル分析とは 相場において繰り返される波の周期に注目して、これからの展開を予測する分析方法 チャートの縦軸(価格)に注目するテクニカル分析が、チャートの横軸(時間)に注目するのが大きな特徴 高い精度の予測を…

FXトレードに働く心理~認知バイアスまとめ~ FXトレードに働く心理~認知バイアスまとめ~

要するに、トレードに働く認知バイアスとは 人間本来の性質が原因で、トレードにおける判断基準にズレが生じることがある この認知バイアスにより、直感的なトレードでは損失を出すことになる さまざまある認知バイアスを知り自覚する…

RVI|価格の上昇と下落のパワーバランスを示したインジケータ RVI|価格の上昇と下落のパワーバランスを示したインジケータ

要するに、RVI(Relative Volatility Index)とは 上昇時の標準偏差と下落時の標準偏差のバランスを示すインジケーター 相場における過熱感を読み取り、上がり過ぎ/下がり過ぎを捉えることができる RS…

RVI(Relative Vigor Index)

要するに、RVI(Relative Vigor Index)とは 相場における上昇の力と下落の力のバランスを示すインジケーター ゼロラインを境目として、上昇勢力と下落勢力のどちらが強いかを判断する ダマシを避けるために他…

トレード結果の分析方法|自分のトレードの特徴を知り成績向上を目指そう トレード結果の分析方法|自分のトレードの特徴を知り成績向上を目指そう

要するに、トレード結果の指標とは 基本は、プロフィットファクター/勝率/リスクリワードレシオの3つの指標 自分のトレードの特徴を分析指標により数値化することで、客観的な分析が可能となる PDCAサイクルを回すことでトレー…

バルサラの破産確率|資金がゼロになる確率を分析しトレード方針を定める バルサラの破産確率|資金がゼロになる確率を分析しトレード方針を定める

要するに、バルサラの破産確率とは ある条件のもとでトレードを続けた場合に、資金がゼロとなる確率が分かる 損失許容率、勝率、ペイオフレシオの3つの要素から計算される トレード方針を定める際の参考情報として使う バルサラの破…

プライスアクション分析|確定前のローソク足を見て分析 プライスアクション分析|確定前のローソク足を見て分析

要するに、プライスアクション分析とは 価格の動きのパターンに注目して、相場展開を予測する分析方法 最終的なトレード判断において強い力を発揮する 単独でトレード判断に使用するのではなく、他の分析方法と併用する形が望ましい …

エリオット波動(応用編)基本形以外の変則4パターンについて エリオット波動(応用編)基本形以外の変則4パターンについて

エリオット波動を応用すると エリオット波動には、基本形以外に様々な変則パターンがある 例えば多くの場合、推進波における第1波・第3波・第5波の1つは延長し、その中で5つの波が形成される(エクステンション) 修正波で押さえ…

リバーサルフォーメーション|代表的な12パターンを図解で解説 リバーサルフォーメーション|代表的な12パターンを図解で解説

要するにリバーサルフォーメーションとは トレンドが転換しやすい特徴的な形 複数のローソク足が作り出す形で判断する トレンドが反転することを期待できる リバーサルフォーメーションの概要 リバーサルフォーメーションとは、トレ…

一目均衡表の骨格をなす三理論|波動論・水準論・時間論について 一目均衡表の骨格をなす三理論|波動論・水準論・時間論について

要するに、波動論・水準論・時間論とは 一目均衡表を使う上で押さえておきたい、考え方の基本となる理論 相場を3波動で捉えて、現状把握と今後の展開の予測を行う 3つの理論を総合的に使えるようになることが大切 一目均衡表の各ラ…

【初心者必見】FXバックテスト|基礎用語から使用方法まで徹底解説 【初心者必見】FXバックテスト|基礎用語から使用方法まで徹底解説

要するに、バックテストとは 過去のチャートにおいて、特定のトレード手法を検証すること 主要な目的は、その手法の優位性の確認や改善を行うこと 入念にバックテストを行って、トレード成績の向上を目指そう バックテストの概要 バ…

ギャンライン|相場のトレンドを素早く判断する分析法 ギャンライン|相場のトレンドを素早く判断する分析法

要するにギャンラインは いち早くトレンドを見極められる 勾配が45度のラインを基準に構成されている トレンドの強さや、将来の高値と安値の予測ができる ギャンツールをアプリで表示 Trading View SBI証券 MT…

CCI「Commodity Channel Index」平均化価格からの乖離を見る CCI「Commodity Channel Index」平均化価格からの乖離を見る

要するにCCIとは 現在値と移動平均線との距離が過去の距離に比べてどれだけ違いがあるかを数値化したもの 相場の過熱感がわかる トレンド発生のサインがわかる 相場の過熱感を知るインジケーターとしてRSIなどが有名ですが「R…

ダイバージェンス|相場の逆行現象でトレンド転換を見極める ダイバージェンス|相場の逆行現象でトレンド転換を見極める

要するに、ダイバージェンスは ダイバージェンスとは、チャートとインジケーターの逆行現象のこと トレンドが長く続くと発生しやすくなり、トレンド反転を示唆する オシレーター系を中心に、さまざまなインジケーターで使えるテクニッ…

フィボナッチ分析|黄金比率を用いてチャートの戻り目安を予測 フィボナッチ分析|黄金比率を用いてチャートの戻り目安を予測

要するにフィボナッチ分析とは 人が最も美しいと感じる「黄金比」をチャート分析に適用したもの 相場の反転ポイントやターゲットを予測することができる フィボナッチ・リトレースメントとフィボナッチ・エクスパンションの2つは使い…

GMMA(複合型移動平均線)12本の指数平滑移動平均線で分析 GMMA(複合型移動平均線)12本の指数平滑移動平均線で分析

要するにGMMAとは 短期EMA6本と長期EMA6本で構成される、指数平滑移動平均線の束 短期EMAグループと長期EMAグループの位置と角度によって、トレンドの方向やトレンドの強弱を判断できる 売買ポイントがわかりやすい…

カップウィズハンドル|コーヒーカップと似たチャート形状から急騰サインを探す カップウィズハンドル|コーヒーカップと似たチャート形状から急騰サインを探す

要するにカップウィズハンドルとは? 値動きの上昇トレンドを示すチャートパターンの1つ チャートがカップの部分とハンドルの部分になった時の形状 ハンドルの値がカップの上値ラインをブレイクした時が上昇のサイン チャート分析を…

ZigZag(ジグザグ) 価格の高値安値を表示~計算式をわかり易く解説~ ZigZag(ジグザグ) 価格の高値安値を表示~計算式をわかり易く解説~

要するにZigZagとは 特定期間のローソク足の高値と安値を線で結んだもの。ZigZagに見える トレンドかレンジかを判断できる 大まかな反転のポイントを見極めることができる ZigZagは相場の流れを知ることができるイ…