テクニカル分析の解説サイト テクニカルブック

RCIの計算式について解説【時間要素の重要性】

公開日:2022年3月14日 更新日:2022年5月13日

RCIとRSIの計算式の違い

RCIは一定期間の価格と期間に順位をつけて計算し、その「相関関係」を見るためのインジケーターです。

一方RSIは一定期間の値幅を基に計算し、買いと売りの圧力の「相対」をみるためのインジケーターです。

どちらも相場の過熱感をみるためのインジケーターですが、計算の基にしているものが全く違います。

まずRCIの計算式は2つあります。

一つ目はこちらです。

RCIの計算式

そして2つ目はこちらです。

RCIの計算式

表記の中の「n」は期間を表します。

上記2つの計算式では「n」の計算部分が異なっていますが、計算すると同じ数値になるのでどちらを使っても構いません。この記事では一般的な上段の式を用いて解説していきます。

ちなみにRSIの計算式はこうなっています。

(A=一定期間の上昇幅の合計 / B=一定期間の下落幅の合計)

RSIの計算式

このようにRCIとRSIは計算式も基にしている数値も全く違います。

それなのに値幅を計算に考慮しないRCIも過熱感を知ることができるインジケーターです。

その理由は計算式を紐解いて行けば見えてくるかもしれません。

RCIの計算式内にあるSUMとは何か?

さて、先ほどの計算式で「SUM」という3文字のアルファベットが出てきました。nは期間だということは分かりますし、他は具体的な数値が入っています。

実はRCIで計算をする際に期間(n)以外で変動する数値はこのSUMだけになります。ということは、ここを理解していないとRCIの計算を理解したとは言えないということになります。

この「SUM」はRCIの計算に使用する終値(レート)と対象期間を、決められたルールに従って計算した後の数値を「合計」したもので、まさにRCIの肝となる部分です。

この「決められたルール」に関しては次の項目で詳しく解説します。

RCIの計算に使われるSUMの計算方法

それではSUMの計算方法を見ていきます。分かりやすくするために仮の条件を提示しておきます。

ドル円/日足/RCI期間は10

  1. 直近を含む過去10日間を日付の近い順でランキング付けする
    仮の条件の場合、本日を1、前日を2、前々日を3・・・9日前を10としてランキングする。(下部表の緑部分)これを時間順位と呼ぶ。
  2. 直近を含む過去10日間の終値(レート)を高いものから順位付けする
    下部表では、2日前の終値(レート)が一番高い(赤塗り)ので3日前を1とし、次に高いのは3日前なのでそれを2として順次繰り下げていき、全てをランキングする。(下部表のオレンジ部分)これを終値順位と呼ぶ。

  3. それぞれの時点(日付)毎に終値順位の数値から時間順位の数値を引く
    このときに結果がマイナスになることもあるが、そのままマイナスとして計算する。(下部表の青部分)
  4. 終値順位と時間順位の差を2乗する
    (下部表の紫部分)
  5. 2乗したすべての数値を合計する
  6. この下部表の赤ワクで囲ったピンクの部分の数値が「SUM」となります。

例 / ドル円の日足10日間のRCIのSUM計算方法

SUMの計算表

RCIの計算過程で順位付けをする意味

終値と時間を順位づけすることによって何がわかるのでしょうか。

RCIの計算式は時間と価格の相関関係を見るためのものなので、時間だけが優先されているわけでも価格だけが優先されているわけでもありません。お互いが与える影響度を数値で表します。

期間内での価格と時間の関係性を数値として算出するので、例えば休むことなく上がり続けている相場では価格の順位と時間の順位は同じになるので、完全相関となり終値順位と時間順位の差はなくSUMを計算すると0となり、RCIは+100になります。

例 / 相場が上がり続けた時のSUM

上がり続けた時のSUM

逆に休むことなく下がり続けている相場では価格の順位と時間の順位は真逆になるので、終値順位と時間順位の差は最大(10日間の場合は330)となります。

例 / 相場が下がり続けた時のSUM

下がり続けた時のSUM

つまり、期間内の時間と価格の各順位の差を比べることによって現在地の把握ができるということです。

実際にRCIを計算してみよう

では、ここからは実際の計算式に数値を当てはめます。

仮の条件では期間は10でしたので「期間(n)=10」で計算していきます。

SUMは先ほどの表で計算したものを使用してみましょう。

  1. 数式にそのまま数値を当てはめてみます

    ※数値を当てはめた箇所の説明はこのような感じです。
  2. それぞれの数値を計算してみます
  3. 引き算ができるように分数を小数に変換します

  4. 残りを計算してみます

  5. 結果がでました

以上の計算の結果、仮の条件での現在のRCIの数値は「80.61」ということになりました。

買われ過ぎエリアに突入したところといった具合でしょうか。

また、この計算式を理解することでRCIを使ったトレンド判断の「0ラインより上にRCI線があるときは上昇方向に圧力が強いと判断され、0ラインより下にRCI線があると下落方向に圧力が強いと判断される」と言われる理由が確認できます。

RCIを計算する上での注意点

SUMの計算をする段階で、指定期間内に価格が同じ終値(レート)になってしまう場合があります。その際の順位付けにはルールがありますので覚えておきましょう。

SUMの計算で使った表で4日前と5日前の終値(レート)を同じ価格に変更してみました。(赤塗の部分)その場合の順位は5位と6位の中間ということで双方に「5.5」という順位が適用されます。(青塗りの部分) 

もちろんSUMも変わってきますので、同じ価格になった場合は優劣をつけずに間の順位をつけて計算されていることを覚えておきましょう。

同じレートの場合の注意点

まとめ:計算式がわかるからこそ理解できるRCIの特徴

RCIは「一定期間内の価格を順位付け」して「時間との相関で現在価格の優劣を見定める」テクニカル指標です。

他のオシレータと違い、価格水準にフォーカスしたり値幅にフォーカスをしているわけではないことは計算式の中身を見れば一目瞭然でした。

つまり、価格や時間に対して「順位付け」という概念を入れることで、例えば急激に価格が変動したとしても、わずか1pipsしか動かなかったとしても、RCIにとっては期間内の価格のランキングでしかないということです。

RCIは「買われ過ぎや売られ過ぎだけでなく、トレンド相場でも機能する」と言われるだけではわからなかったその理由が、その計算式の中身を知ることで理解が深まっていきます。

RCIの全てをまとめた記事です。

この記事ではRCIの計算式について詳しく説明しましたが、RCIについて詳しく知りたい場合は、RCIまとめ記事を参考にしてください。

新しいトレード練習アプリ-デモトレードの進化版-


タグを選択
オシレーター分析

現在のトレンドの強さや過熱感など変化の大きさや兆しを察知するときに活用します。

トレンド分析
オシレーター分析
トレード理論
トレード用語
チャートパターン分析
トレード心理
ツール

【免責事項】

本サイトに掲載されている情報は、情報提供のみを目的としたものであり、投資勧誘や投資助言を目的としたものではありません。当該情報に基づいて行った取引のいかなる損失についても、当社は一切の責を負いかねます。投資に関する判断は、リスクを理解した上でご自身の責任で行ってください。また、当社は万全を期して情報を掲載していますが、当該情報の正確性および完全性を保証または約束するものでなく、今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。万一、当該情報の欠落・誤謬等が生じた場合にも、当社は責を負いかねますのでご了承ください。

Copyright © 2022 Technical-book. All rights reserved