テクニカル分析の解説サイト テクニカルブック

株式トレードで移動平均線を使いこなす【株価分析】

公開日:2022年4月11日 更新日:2022年5月2日

移動平均線は一定期間の株価の終値を平均化したものです。移動平均線の基礎を学び、ゴールデンクロス・デッドクロスで株価の売買シグナルを捉えることが可能です。株式でよく使われる移動平均線の期間の設定値についても解説しています。

株で使える移動平均線の基礎

株の分析ツールでよく使われるのが移動平均線(Moving Average)です。移動平均線は一定期間の株価の動きを平均化した線で、トレンドの方向や売買のタイミングを見極める時に利用できます。

実際に日経平均のチャートに赤色の移動平均線を表示させてみました。

この赤色の移動平均線を使ってトレンドを見極めていくと、

移動平均線の角度が上向きであれば「上昇トレンド」、

下向きであれば「下降トレンド」、

そして、移動平均線に角度がなくほとんど平行であれば「横ばい」と判断することができます。

また移動平均線の期間は自由に設定することが可能です。

5日移動平均線と短めに設定すれば、より価格の値動きを反映した線になります。

反対に50日移動平均線のように長めに設定することで、大局の値動きを捉えることができます。

上昇中の銘柄を移動平均線の売買シグナルで判断する

ここから、実際の取引ではどのように移動平均線を売買シグナルにするか解説します。

移動平均線の取引で代表的なものは、ゴールデンクロス。

ゴールデンクロスは、短期の移動平均線が長期(中期)の移動平均線を下から上に抜けることを表しています。これが相場の上昇シグナルとされています。

実際のチャートで表示させるとこんな感じです。

下のチャートでは、赤色が短期の5日移動平均線、黄色が25日移動平均線、オレンジが50日移動平均線です。

まずは買いサイン①の解説です。

短期の移動平均線(赤色)が中期の移動平均線(黄色)を下から上に抜けた時が、ゴールデンクロスのタイミング。これを根拠に買いエントリーが可能です。しかし、ここではあまり上昇しませんでした。

結果として、微損あるいは建値決済といったトレードになるでしょう。

次に買いサイン②の解説です。

短期の移動平均線(赤色)が中期と長期の移動平均線(黄色とオレンジ)を下から上に抜けた時が、ゴールデンクロスのタイミング。これを根拠に買いエントリーが可能です。結果として大きな上昇を見せ、成功トレードとなりました。

この時、大事なのは、買いサイン②の勝ちトレードではなく、買いサイン①は負けトレードです。買いサイン①は負けトレードになってしまいましたが、ゴールデンクロスでしっかりエントリーできているため失敗トレードではありません。

どんなツールでも勝率が100%というわけではないので、自分の売買シグナルがゴールデンクロスの場合は、買いサイン①も②も成功トレードとなります。

株式でよく使われる移動平均線の設定

最後に、株式チャートでよく使われる移動平均線の設定を紹介します。

日足で使われる移動平均線の設定

まず日足ですが、5日・25日・75日が使われます。

この数字は区切りがよい数字で、5日は1週間の営業日数(チャートが動いている日数)、

25日は1カ月、75日は3カ月となっています。

週足で使われる移動平均線の設定

次に週足ですが、13週・26週・52週が使われます。

こちらも区切りがよく、それぞれ3カ月、6カ月、1年程度です。

月足で使われる移動平均線の設定

最後に月足ですが、12か月・24か月が使われます。

こちらもそれぞれ1年、2年といったように区切りが良い設定値が人気のある数値です。

まとめ:移動平均線で株価チャートを分析

いかがだったでしょうか。

今回は株でよく使われる移動平均線の売買シグナルについてご紹介してきました。

新しいトレード練習アプリ-デモトレードの進化版-


タグを選択
トレンド分析

市場の全体的な方向性(トレンド)を見極めることを目的とした順張り型のテクニカル指標です。

トレンド分析
オシレーター分析
トレード理論
トレード用語
チャートパターン分析
トレード心理
ツール

【免責事項】

本サイトに掲載されている情報は、情報提供のみを目的としたものであり、投資勧誘や投資助言を目的としたものではありません。当該情報に基づいて行った取引のいかなる損失についても、当社は一切の責を負いかねます。投資に関する判断は、リスクを理解した上でご自身の責任で行ってください。また、当社は万全を期して情報を掲載していますが、当該情報の正確性および完全性を保証または約束するものでなく、今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。万一、当該情報の欠落・誤謬等が生じた場合にも、当社は責を負いかねますのでご了承ください。

Copyright © 2022 Technical-book. All rights reserved