テクニカル分析の解説サイト テクニカルブック

ギャンライン|相場のトレンドを素早く判断する分析法

公開日:2021年7月6日 更新日:2022年3月25日

図解で分かるギャンラインの見方

要するにギャンラインは

  • いち早くトレンドを見極められる
  • 勾配が45度のラインを基準に構成されている
  • トレンドの強さや、将来の高値と安値の予測ができる

目次

ギャンツールをアプリで表示

Trading View

TradingViewのスマホアプリでギャンファンを表示
TradingViewのスマホアプリでギャンファンを表示
TradingViewのPCツールでギャンファンを表示
TradingViewのPCツールでギャンファンを表示

SBI証券

SBI証券のPCツールでギャングリッドを表示
SBI証券のPCツールでギャングリッドを表示

MT5

MT5のPCツールでギャングリッドを表示
MT5のPCツールでギャングリッドを表示

ギャンライン計算式

ギャンラインの概念イメージ画像
ギャンラインの概念イメージ画像

★画像挿入【alt:ギャンラインの概念イメージ画像】

ギャンラインの基本となる概念は上の画像のようなイメージで、通常の利用において計算式を必要としません。
ただしチャート上に引かれたラインの角度について知識を要します。

ギャンラインの種類と一般的な使い方

MT4のギャンラインチャート画像
MT4のギャンラインチャート画像

★画像挿入【alt: MT4のギャンラインチャート画像画像】

始点、中央の点、終点の3つの点を読者が見やすくしてください。

★編集前画像

ギャンラインはギャンツールの基本機能であり、チャート上に引かれたギャンラインでトレンドの確認ができます。

では、上の画像を使いながらギャンラインの引き方を説明していきます。
ギャンラインを引くにはまずチャート上での始点を決めます。

始点の位置に決まりはないですが上昇トレンドの場合は価格の安値を始点として高値方向に終点位置を合わせます。下降トレンドの場合はその逆の操作になります。

ギャンラインを引く具体的な方法は起点が決まったら左クリックでマウスをドラッグ・アンド・ドロップしてギャンラインを引きます。

ギャンラインをダブルクリックすると、始点、中央の点、終点と3つの点が表示されます。

終点の位置をずらしてギャンラインの角度を調整できます。

中央の点はクリックしてずらすと角度を維持したままギャンラインを移動できます。

ギャンラインの概念では時間軸に対して勾配が45度のラインが長期間トレンド継続する傾向にあると述べています。

このような理由でギャンラインはトレンド相場で使うのが一般的であり、レンジ相場ではトレンドの発生を判断するために使う場合もあります。

このラインは「ワンバイワン(1×1)」という別名でも呼ばれ、下の画像のようにチャートの横軸である時間1単位ごとに縦軸の価格が1単位更新する45度のラインを指します。
感覚的にはチャート画面にグリッド(マス目)を表示させて横軸(時間)と縦軸(価格)で構成された正方形に対角線を引いた45度のラインをイメージすると理解しやすいでしょう。

ギャンライン45度の線が引かれているチャート画像

★画像挿入【alt:ギャンライン45度の線が引かれているチャート画像】
チャートに方眼状のグリッドがあり、45度のギャンラインが引かれている
イメージ

★編集前画像

★編集前画像

ギャンラインはギャンファンなどといったギャンツールのサポートとレジスタンスを算出する基準になっています。

★編集前画像

ギャンラインの種類

ここまでギャンラインについて詳細な説明をしました。

上記で説明したギャンラインを含めて、ギャンラインは3種類存在します。

  • ギャンライン GANN LINE
  • ギャンファン GANN FAN
  • ギャングリッド GANN GRID

以上3種類のツールになります。

ギャンファン、ギャングリッド共にギャンラインの基本機能を拡張したものです。

ギャンファン、ギャングリッドの詳細は以下に解説していきます。

ギャンラインが示す売買ポイント

MT4におけるギャンライン売買ポイントチャート画像
MT4におけるギャンライン売買ポイントチャート画像

★画像挿入【alt: MT4におけるギャンライン売買ポイントチャート

ギャンラインを境目に、強気ゾーンと弱気ゾーンの背景を色分けしたら見やすくなると思います。

★編集前画像

上の画像は、上昇トレンドのギャンラインを表示したチャートです。

安値もしくは高値を起点に横軸(時間軸)に対して45度で引かれたギャンラインはトレンドを確認できるポイントになります。

上昇トレンドの場合:価格がギャンラインの上で推移する期間は強気の相場中であり、反対に価格がギャンラインの下で推移する場合は弱気のトレンドを示します。(下の画像を参照)

上昇トレンドで強気から弱気に転換したパターン画像
上昇トレンドで強気から弱気に転換したパターン画像

★画像挿入【alt: 上昇トレンドで強気から弱気に転換したパターン画像】

下降トレンドの場合:価格がギャンラインの下で推移する期間は強い下降トレンドを示し、価格がギャンラインを交差したらトレンドの転換を示唆します。(下の画像を参照)

下降トレンドで弱気から強気に転換したパターン画像
下降トレンドで弱気から強気に転換したパターン画像

★画像挿入【alt: 下降トレンドで弱気から強気に転換したパターン画像】

ギャンファンの一般的な使い方

MT4のギャンファンチャート画像
MT4のギャンファンチャート画像

★画像挿入【alt: MT4のギャンファンチャート】

ギャンツールにおいてギャンファンは最も有名で人気のあるツールです。

上の画像では、このギャンファンをチャート上に表示しています。

ギャンファンの1×1(45度)ラインはトレンドを確認する機能があり、他の8本のラインはサポート、レジスタンスのテクニカル指標として活用できます。

ギャンファンを引く方法はギャンラインと同様で起点が決まったらマウスをドラッグ・アンド・ドロップして1×1ラインを引きます。

1×1ラインをダブルクリックすると、始点、中央の点、終点と3つの点が表示します。

終点の位置をずらしながら1×1ラインの角度を調整して引きます。

始点から1×1を中心に置き上下に各4本づつ合計9本のラインが扇状に未来価格方向(チャート右方向)へ向かって自動的に引かれます。

中央の点はクリックしながらずらすとラインの角度を維持したままギャンファンを移動できます。

安値もしくは高値を始点として扇状に引かれた9本のラインは将来のサポート、レジスタンス。ブレークポイントを示しています。

ギャンファンにおいてギャンラインでもある1×1ラインがトレンドの目安を確認するために重要視されます。

1×1を中心とした扇状に広がる合計9本のラインが将来のサーポート、レジスタンスを推測するために1×1ラインを中心にした価格の推移によって順次、意識されます。

9本のラインが表示されているなかで1×1ラインは、ギャンファンでトレンド確認の中心線であり、他のラインはサポート、レジスタンスラインの機能を持ちます。

MT4におけるギャンファン9本のライン角度チャート画像
MT4におけるギャンファン9本のライン角度チャート画像

★画像挿入【alt: MT4におけるギャンファン9本のライン角度チャート】

★編集前画像

上の画像では、ギャンファンにおける1×1を中心とした各ラインにおける勾配の角度を示しています。

これをまとめると以下の表のようになります。

時間×価格時間軸(横軸)に対しての角度
1 x 882.5度
1 x 475.00度
1 x 371.25度
1 x 263.75度
1 x 145.00度
2 x 126.25度
3 x 118.75度
4 x 115.00度
8 x 17.5度
ギャンファンにおける9つの角度一覧表

角度が広いほどトレンドの勢いがあります。

反対に角度が狭いほどトレンドの勢いがありません。

最も角度の狭い8×1ラインはブレイクアウトポイントと意識されここを突破したらトレンド転換のサインになります。

ギャンファンが示す売買ポイント

MT4におけるギャンファン売買ポイントチャート画像
MT4におけるギャンファン売買ポイントチャート画像

★画像挿入【alt: MT4におけるギャンファン売買ポイントチャート】

★編集前画像

上の画像では、上昇トレンドにギャンファンを引いてみました。

始点をチャートの大底に定義して1×1(45度)ラインを引いてます。

最初は強めの上昇トレンドのため1×1ラインの上を価格が推移しているのが確認できます。

上の画像の中で示しているのは、新規売り、新規買いの2つの取引パターンです。

水色のラインは新規取引ポイント、緑色の丸印は利益確定(エグジット)ポイント、赤色のラインは損切りポイントです。

ギャンファンを用いてトレードする場合以下の通り2つのエントリーサインが考えられます。

価格がギャンファンのラインを突破

ギャンファンの9本あるラインのいずれかでローソク足(価格)がラインを下抜け、上抜けした場合、そのトレンド方向へエントリーします。ここで注意する点はローソク足がラインを突破したからといって即エントリーすると、下の画像のようにダマシに合うことがあります。
最初にラインを突破したローソク足がラインを超えて確定したら次のローソク足の価格を確認してからエントリーするほうが安全と言えます。

ギャンファン、ダマシの例イメージ画像
ギャンファン、ダマシの例イメージ画像

★画像挿入【alt: ギャンファン、ダマシの例イメージ画像】

ローソク足がラインをブレイクしたからといって飛び乗りしてだまされたパターンです。

ギャンファンのラインで価格が反転

価格がギャンファンのラインから反転したら反転した方向へエントリーできます。
平たく言えばギャンファンのラインがサポレジの役目をするわけです。
上記と同様に飛び乗りは控えたほうがいいでしょう。
ローソク足(価格)がラインを反転して確定したら、次のローソク足を確認してから取引の判断をしましょう。

上のギャンファンチャート画像の売買ポイントには2つの手法が含まれています。
以下に具体的な解説をいたします。

最初の新規売りの例は価格がギャンファンのラインを突破したパターンです。

MT4におけるギャンファン新規買いポイント
MT4におけるギャンファン新規売りポイント

★画像挿入【alt: MT4におけるギャンファン新規売りポイント】
この下に上記を切り抜く前の画像があります。その画像を作成してから上記の位置を切り抜いて上に記載して下さい。

編集前画像

★編集前画像

上の画像は、1つ目の新規売りポイントを拡大したものです。

価格(ローソク足)終値が2×1ラインを下抜けして確定し、次のローソク足も前足終値を下回って確定しました。ギャンファンのラインを突破した売りシグナル発生です。このタイミングが売りエントリーのサインとなります。
次は損切りポイントを最初下抜けしたライン(ここの例では2×1ライン)の上部に設定します。
利益確定(エグジット)目標は3×1ラインです、価格が目標に到達したら利益確定(エグジット)します。

2つ目の新規買いの例はギャンファンのラインで価格が反転したパターンです。

MT4におけるギャンファン新規買いポイント
MT4におけるギャンファン新規買いポイント

★画像挿入【alt: MT4におけるギャンファン新規買いポイント】

★編集前画像

★編集前画像

上の画像は、2つ目の新規買いポイントを拡大したものです。

価格(ローソク足)が8×1ラインで反転して確定し、次のローソク足が前足終値の価格を上回って確定しました。買いシグナル発生です、このタイミングが買いエントリーのサインです。
次は損切りポイントを最初上抜けしたライン(ここの例では8×1ライン)の下部に設定します。
利益確定(エグジット)目標は4×1ラインです、価格が目標に到達したら利益確定します。

ギャングリッドの一般的な使い方

MT4におけるギャングリッドチャート画像
MT4におけるギャングリッドチャート画像

★画像挿入【alt: MT4におけるギャングリッドチャート画像】

★編集前画像

ギャングリッドはチャート上のグリッドと価格の位置などからトレンドの分析や売買ポイントを見つけたりするツールになります。

上の画像では、先ほどと同じチャートにギャングリッドを表示しています。

任意の始点からラインを引くとそのラインを基準にしてグリッドがギャンラインの終点からチャート上の未来方向全体に自動表示します。

ギャングリッドはギャンラインが等間隔に複数本引かれておりこれに対角線で構成されたグリッドになります。

ギャングリッドの引き方はまず任意の安値もしくは高値を始点に設定します。

上の画像は安値を始点としています。


始点をダブルクリックしたあと終点との距離を開けるほどグリッドが大きく表示されます。逆に距離を縮めるほどグリッドが小さく表示されます.。目安として一つのグリッド内に17本のローソク足が入る程度に始点と終点の距離で調節します。

中央の点はクリックしながらずらすと現在のグリッドを維持したままギャングリッドを移動できます。

MT4におけるギャングリッドサポレジイメージチャート画像
MT4におけるギャングリッドサポレジイメージチャート画像

★画像挿入【alt: MT4におけるギャングリッドサポレジイメージチャート画像】

★編集前画像

マス目のラインは、上の画像のような形でサポートライン、レジスタンスラインの機能をします。
上記画像ではピンク色のラインがサポートライン、黄色のラインがレジスタンスラインを示します。

マス目の角付近にある価格が意識されやすくトレンド転換点になる場合もあります。

ギャングリッドが示す売買ポイント

MT4におけるギャングリッド売買ポイントチャート画像
MT4におけるギャングリッド売買ポイントチャート

★画像挿入【alt: MT4におけるギャングリッド売買ポイントチャート】

★編集前画像

上の画像では、上昇トレンド期間に引いたギャングリッドを表示し、売買ポイントを判定しています。
水色のラインは新規取引ポイント、緑色の丸印は利益確定(エグジット)ポイント、赤色のラインは損切りポイントです。

ギャングリッドを用いてトレードする場合以下の通り2つのエントリーサインが考えられます。

1つ目は価格がギャングリッドのラインを突破したらエントリー、2つ目は価格がラインで反転したらエントリーする手法の2種類です。

上記これらの手法はギャンファンと同様ですが違いはポジション期間の設定になります。

ギャンファンのポジション期間は直近のライン間、ギャングリッドのポジション期間はギャングリッドにおいて1つのグリッド単位になります。

価格がギャングリッドのラインを突破

★画像挿入【alt: MT4におけるギャングリッド売買ポイント拡大チャートその1】

★編集前画像

★編集前画像

上の画像は、ギャングリッドを突破したときのトレードイメージを示しています。

ギャングリッドにおいて複数本あるラインのいずれかでローソク足(価格)がラインを下抜け、上抜けした場合、そのトレンド方向へエントリーします。ここで注意する点はギャンファンの手法と同様に飛び乗りは避けましょう。

利益確定(エグジット)目標はエントリーサイン直下のギャンラインになります。

ギャングリッドのラインで価格が反転

MT4におけるギャングリッド売買ポイント拡大チャートその2
MT4におけるギャングリッド売買ポイント拡大チャートその2

★画像挿入【alt: MT4におけるギャングリッド売買ポイント拡大チャートその2】

★編集前画像

★編集前画像

上の画像は、ギャングリッドで反転したときのトレードイメージを示しています。

ギャングリッドにおいて複数本あるラインのいずれかで価格が反転したら反転した方向へエントリー可能です。
さきほどと同様にローソク足がラインを反転して確定したら、次のローソク足を確認してから取引の判断をしましょう。

冒頭のギャングリッドによる売買ポイントを示したチャート画像には、3箇所の売買ポイントと2種類の取引手法が含まれています。
以下に具体的な解説をいたします。

最初の新規売りの場合はローソク足の終値がラインを下抜けして確定後、次のローソク足が前足終値を下回りました。ラインを突破した売りシグナル発生です、このタイミングで売りエントリーを仕掛けます。
損切りポイントは最初下抜けしたラインの上部に設定します。
利益確定(エグジット)目標はエントリーサイン直下のギャンライン方向のグリッドラインです、価格が目標に到達したら利益確定します。

最初は価格がギャングリッドのラインを突破したケースでした。

次の新規売りはギャングリッドのラインで価格が反転するケースになります。

ローソク足(価格)が一時ラインを上方向に交差しましたが反転してローソク足がラインを下抜けして確定後、次のローソク足が前足終値を下回りました。
ギャングリッドのラインがレジスタンスになり売りシグナル発生です、このタイミングで新規売りエントリーを仕掛けます。
損切りポイントは最初下抜けしたラインの上部付近に設定します。
利益確定(エグジット)目標はエントリーサイン直下のギャンラインギャンライン方向のグリッドラインです、価格が目標に到達したら利益確定します。

最後の新規買いの場合(下の画像部分)ローソク足(価格)終値がギャンライン側のラインを上抜けして確定しました。次のローソク足が前足終値を上回りましたギャングリッドのラインを突破した買いシグナル発生です、このタイミングで買いエントリーを仕掛けます。
損切りポイントは最初上抜けしたラインの下部に設定します。
利益確定(エグジット)目標は直近上のレジスタンスライン(ギャングリッド方向の対角線)です、価格が目標に到達したら利益確定します。

MT4におけるギャングリッド売買ポイント拡大チャートその3
MT4におけるギャングリッド売買ポイント拡大チャートその3

★画像挿入【alt: MT4におけるギャングリッド売買ポイント拡大チャートその3】

★編集前画像

★編集前画像

ギャンツールの応用的な使い方

ギャンツールの概念

ギャンラインの考案者であるW.D.ギャンは以下の前提を考慮して相場の予測をしました。

  • 価格、時間、値幅が重要な3つの要素
  • 市場は常に循環している
  • 市場は規則的周期で動いており幾何学的

以上3つの前提を基にギャンツールが考案されました。

ギャンツールはギャンライン、ギャンファン、ギャングリッドの3種類ありますが、その中で最も有名で人気のあるギャンファンの応用的な使い方をベースとした解説をします。

ギャンツールは先行指標

ギャンファンをチャート上に引いたらそこには相場価格の過去、現在、未来がギャンファンで示されますが本記事は
あくまでもギャンファンによるサポートとレジスタンス、トレンドの強さなどの判断に使用します。

ギャンツール以外の先行指標は水平線、チャネルライン、フィボナッチなどがあります。

★リンク: 水平線、チャネルライン、フィボナッチ ジャンプ先: 類似・派生テクニカル指標(見出し2)

ギャンファンによるサーポートとレジスタンス

先にも述べてますがサポートとレジスタンスを予測する機能はギャンファンで通常使用されています。
トレーダーはチャート上のギャンファンを見ながらどこでエントリーするか決済するかのタイミングを決められます。

サポートとレジスタンスをより明確に決定する場合はギャンファンに水平線などのトレンドラインと組み合わせると精度が向上して決めやすいでしょう。

ギャンファンによるトレンドレベル

ギャンファンは1×1、1×2、1×3、1×4、1×8、2×1、3×1、4×1、8×1といった合計9本の異なる角度のラインで扇状に構成されています。

下降トレンドの場合:1×1(45度)ラインを基準に弱気のギャンファンライン(1×2、1×3、1×4、1×8)は45度の線の下に引かれ、強気のギャンファンライン(2×1、3×1、4×1、8×1)は45度の線の上に引かれます。(下の画像を参照)

1×1ラインが中心線となりその下にある4本の各ライン1×2、1×3、1×4、1×8の順に下降トレンドが強くなります。
1×1ラインの上にある4本の各ライン2×1、3×1、4×1、8×1の順に強気相場へ移行していきます。

MT4におけるギャンファン下降トレンドレベルチャート画像
MT4におけるギャンファン下降トレンドレベルチャート画像

★画像挿入【alt: MT4におけるギャンファン下降トレンドレベルチャート画像 】

白色矢印が大きくなるほど強気になるイメージです。赤色矢印が大きくなるほど弱気になるイメージです。

★編集前画像

上昇トレンドの場合:1×1(45度)ラインを基準に強気のギャンファンライン(1×2、1×3、1×4、1×8)は45度の線の上に引かれ、弱気のギャンファンライン(2×1、3×1、4×1、8×1)は45度の線の下に引かれます。(下の画像を参照)

1×1ラインが中心線となりその上にある4本の各ライン1×2、1×3、1×4、1×8の順に上昇トレンドが強くなります。
1×1ラインの下にある4本の各ライン2×1、3×1、4×1、8×1の順に弱気相場へ移行していきます。

MT4におけるギャンファ上昇トレンドレベルチャート画像
MT4におけるギャンファ上昇トレンドレベルチャート画像

★画像挿入【alt: MT4におけるギャンファン上昇トレンドレベルチャート画像 】

白色矢印が大きくなるほど強気になるイメージです。赤色矢印が大きくなるほど弱気になるイメージです。

★編集前画像

基本となる1×1ラインは1単位の時間で1単位の価格を移動します。これは45度のラインになります。

上昇トレンドの場合1×1ラインの上で価格が推移する場合、強気の相場を示します。

具体的に解説すると1×1ラインの上部には1×2ラインが引かれています。

1×2の意味は1単位の時間で価格が2単位移動することを指します。

これは時間単位あたりの価格の上昇率が上がることになります。

つまり価格が1×1ラインの上に行けば行くほどトレンドが強くなるわけです。

反対に1×1ラインの下には2×1ラインがあります

2×1の意味は2単位の時間で価格が1単位移動することを指します。

この場合は時間単位あたりの価格の上昇率が下がることになります。

さきほどとは逆に価格が1×1ラインの下へ行けば行くほどトレンドが弱くなる状況を表します。

例外として8×1ラインを下抜けしたら下降トレンドへ移行する目安になります。

ギャンツールの注意点・懸念点

45度の概念

ギャンライン、ギャンファン、ギャングリッドにおいて「45度の1×1ライン」の概念が重要になります。
あくまでも「1×1ラインは45度」が基本ですが、どのような局面でも必ず「45度」のラインにしなければならないという決まりはありません。
「1×1ライン」をチャート上に引く場合どこを始点にしてどこを終点にするのかは自身の裁量によるものです。
この裁量判断により結果の良し悪しに影響します。

スキャルピングにギャンツールは向いてない

スキャルピング用にギャンツールを使ってラインを分足などの下位足で表示されたチャートに引くことは可能です。

ただし、スキャルピング自体がギャン理論にそぐわないのでこれを基に設計されたギャンツールはスキャルピングには使用しないほうが無難でしょう。

ギャンラインの成り立ち

考案者

W.D.ギャン(ウィリアム・ディルバート・ギャン)
1878年アメリカ合衆国テキサス州ラフキンに生まれる。1902年から綿花取引を行い、それ以降生涯金融トレーダーでした。1914年に第一次世界大戦や株価暴落する予想を的中させたりした伝説的トレーダー。
1955年6月14日、満77歳没。

種類

トレンド系

歴史

W.D.ギャンはフリーメイソンであり、古代ギリシャとエジプトの文化を研究者でもありました。
ギャン市場の予測方法は、幾何学、天文学と占星術、そして古代の数学に基づいていると言われています。
ギャンは、1935年に株式市場での相場における角度について解説しています。この概念がギャンラインの始まりになります。

豆知識

ギャンの価値ある28のルール

ギャンの価値ある28のルールはギャンラインの考案者W.D.ギャンがトレーディングに成功したルールや考え方、ウォール街の格言やルールを晩年になって編集したものです

相場取引をする際に、おごり高ぶらないよう自制する内容で「利大損小主義」のルールにまとめられており、現在になっても相場の格言として多くのトレーダーに見習われてます。

これから裁量トレードのルールを検討したり見直す参考として「ギャンの価値ある28のルール」はとても有効活用できる格言と言えます。

  1. 1回の取引で資金の10%を超える損失を出さないでください。
  2. 常に損切り(ストップロス注文)を設定します。
  3. 取引をしすぎない、資金管理をする。
  4. 利益がでたら損失に陥れることのないようにトレーリングストップで対応する。
  5. トレンドがわからない場合は、取引を見送る。トレンドに逆らわない。
  6. 疑わしいときは手仕舞う、迷ったり疑わしいときは取引しない。
  7. 値動きの活発な市場で取引してください。
  8. 複数の市場にリスクを分散します。
  9. 指値注文をしないでください。成行きで取引します。
  10. 確たる理由もなく手仕舞いしないでください。
  11. 利益確定した取引からの余剰資金は、別の口座に入れる必要があります。
  12. わずかな利益を上げるためのトレードをしないでください。
  13. 損失を平均化することはありえません、ナンピンはしないでください。
  14. 我慢できなくなったからといって手仕舞いしたり、焦ってエントリーしたりしないでください。
  15. 小さな利益と大きな損失を避けましょう。
  16. 設定した損切り(ストップロス)をキャンセルしないでください。
  17. 頻繁に売買することは避けてください。
  18. 市場での取引は買い(ロング)と売り(ショート)をいとわないでください。
  19. 価格が安い、または高いという値頃感だけで売買しない。
  20. ピラミディング(買い増し、売り増し)は、サポート・レジスタンスラインを超えてから、実行する。
  21. トレンド明確な期間ピラミディングは有効である。
  22. 損失が出たポジションをヘッジ(両建て)しないでください。
  23. 確たる理由がない限り、ポジションを変更しないでください。
  24. 大きな利益または大きな損失が出た後の取引は避けましょう。
  25. 相場の天井、大底を推測しようとしないでください。
  26. アバウトなアドバイスは聞かないでください。
  27. 損切りで損失がでた後は取引量を減らします。取り返そうとして増加した取引はしないでください。
  28. 間違ってエントリーしたり間違って手仕舞いしないようにしましょう。

以上28項目がギャンの価値ある28のルールになります。

用語

  • ギャンライン
  • ギャンファン
  • ギャングリッド
  • ブレイクアウトポイント
  • サポート
  • レジスタンス
  • 飛び乗り
  • グリッド
  • トレンド
  • 大底
  • ストップロス
  • ロング
  • ショート
  • ヘッジ
  • 先行指標

類似・派生テクニカル指標

トレンドライン分析ツールであるギャンラインと類似したテクニカル指標3点を以下に紹介します。

  • 水平線
  • チャネルライン
  • フィボナッチ

以上について個別にかんたんな解説をいたします。

水平線

Trading Viewの水平線チャート画像
Trading Viewの水平線チャート画像

★画像挿入【alt: Trading Viewの水平線チャート画像】

https://www.tradingview.com/x/N5kdZ4GX/

上の画像は、過去の高値や安値を基準に水平線を引いたチャートです。

相場価格が作るチャートに水平線を引いて、どのラインがサポート、レジスタンスになるのか予測できます。
水平線はシンプルですが世界中で多くのトレーダーが使い、意識して見ています。

特に意識されるとするラインに価格が達したときに何回も反転している場合、重要なラインとして多くのトレーダーに注目されます。

この大衆心理により生じるサポレジ機能を使いこなせれば、強力なテクニカル分析になりえます。

チャンネルライン

MT4のチャネルラインチャート画像
MT4のチャネルラインチャート画像

★画像挿入【alt: MT4のチャネルラインチャート画像】

★編集前画像

上の画像は、白丸で示した3点を基準にチャネルラインを引いたチャートです。

チャネルラインはトレンドラインと並行して引くラインのことでトレンド相場で使用します。
チャネルラインは上昇トレンドまたは下降トレンドのときに機能を発揮します。

チャネルラインの引き方は

  • 上昇トレンド:トレンドライン上の高値に合わせた平行線を引く。
  • 下降トレンド:トレンドライン下の安値に合わせた平行線を引く。

フィボナッチファン

MT4のフィボナッチファンチャート画像
MT4のフィボナッチファンチャート画像

★画像挿入【alt:MT4のフィボナッチファンチャート画像 】

★編集前画像

上の画像は、白丸で示した2点を基準にフィボナッチファンを引いたチャートです。

フィボナッチファンは任意の期間の安値と高値を結んでラインを引くと自動で3本の線(31.8%・50.0%・61.8%)が
扇状(ファン)に描画されます。
この3本のラインはサポート、レジスタンスとして機能します。

ギャンラインが使えるFX/証券会社

ギャンラインは、以下のFX会社、証券会社、仮想通貨取引所で使用できます。

ギャンラインが使えるFX会社

DMM FX
GMOクリック証券
外為オンライン
LINE FX
SBI FXトレード

ギャンラインが使える証券会社

SBI証券
楽天証券
松井証券

ギャンラインが使える仮想通貨取引所

GMOコイン
DMM Bitcoin
bitbank

ギャンラインがMT4/5で使えるか

利用可能

ギャンラインはMT4/5に標準でインストールされてます。

MT4におけるギャンラインの起動方法

MT4におけるギャンライン起動方法チャート画像
MT4におけるギャンライン起動方法チャート画像

★画像挿入【alt: MT4におけるギャンライン起動方法チャート画像】

ギャンラインの起動方法はMT4、MT5どちらも基本的に同じ手順です。

上の画像を参考にしたMT4におけるギャンラインの起動方法を解説します。

  1. メニューバーの「挿入」をクリック
  2. ポップアップしたメニューから「ギャン」をクリック
  3. ポップアップしたメニューから「ギャンライン、ギャンファン、ギャングリッド」3つの中から任意のギャンをクリック (例:ギャンファンを起動させる場合、ギャンファンをクリックします)

新しいトレード練習アプリ-デモトレードの進化版-


タグを選択
トレンド分析

市場の全体的な方向性(トレンド)を見極めることを目的とした順張り型のテクニカル指標です。

トレンド分析
オシレーター分析
トレード理論
トレード用語
チャートパターン分析
トレード心理
ツール

【免責事項】

本サイトに掲載されている情報は、情報提供のみを目的としたものであり、投資勧誘や投資助言を目的としたものではありません。当該情報に基づいて行った取引のいかなる損失についても、当社は一切の責を負いかねます。投資に関する判断は、リスクを理解した上でご自身の責任で行ってください。また、当社は万全を期して情報を掲載していますが、当該情報の正確性および完全性を保証または約束するものでなく、今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。万一、当該情報の欠落・誤謬等が生じた場合にも、当社は責を負いかねますのでご了承ください。

Copyright © 2022 Technical-book. All rights reserved