テクニカル分析の解説サイト テクニカルブック
Index

トルコリラショックでFXトレーダーが死亡寸前|スワップ狙いで大損した理由【FX初心者】

2023年02月01日 公開 
2023年03月06日 更新
トルコリラで死亡-アイキャッチ

2018年8月、FXトレーダーにとって大きな衝撃をもたらしたのが、トルコリラショックです。

当時、多くのトレーダーがスワップポイント狙いでトルコリラを買い続け、定期的に利益を受け取っていました。

しかし突如として発生した政治的な不安定や経済的な問題により、トルコリラは一気に下落。

その結果、多くのトレーダーは大きな損失を被り、「トルコリラで死亡」と呼ばれる事態が起こったのです。

その背後には、リスク管理が不十分で、急激な変動に対応できなかったことが問題点として指摘されています。

この記事では、FX初心者なら必ず知っておくべきトルコリラショックについて分かりやすくまとめました。

トルコリラがFXトレーダーに人気だった理由

かつてトルコリラは、FXトレーダーから人気のある通貨でした。

スワップポイントによって定期的な利益を見込めたからです。

スワップポイントとは

FXで稼ぐ方法としては、為替差益スワップポイントがあります。

為替差益とは、通貨ペアの買値と売値の差によって得られる利益です。

つまり安く買って高く売り、または高く売って安く買うことで、その差額が利益となります。

一方スワップポイントとは、通貨ごとの金利差から生じる利益です。

売買をするときは「売った外貨の利子を支払う」「買った外貨の利子を受け取る」ことになります。

つまり金利の高い通貨を、金利の低い通貨で買うことによって、その金利差から生じる利益を受け取れるのです。

しかもスワップポイントは、日割りで毎日受け取れます。

トルコリラは金利が高く、トルコリラを買いで保有しているだけで、毎日継続的に利益が入ってきました。

トルコリラショックとは

2018年8月10日、政治的不安や中央銀行の政策により、トルコリラが急落しました。

この危機の原因としては、トルコの経済が過剰に負債を負っており、インフレ率が高かったことが挙げられます。

また、トルコ政治の不安定な状況や、米国との貿易関係の悪化などが影響を与えました。

これにより、トルコリラ/円は19円台前半から18円割れまで、わずか8分の間に暴落しています。

中央銀行は急落後、金利の引上げに踏み切ったものの、これは結果的にインフレ率を上昇させ、経済を悪化させることになりました。

こうしてスワップポイント狙いでトルコリラを保有していたトレーダーは、それを上回る為替差損によって、多大な損失を被ったのです。

トルコリラショックによって相場を退場したトレーダーも多く、「トルコリラ 死亡」「トルコリラ 終わった」というように、現在でも当時の悲惨な状況はたびたび話題になります。

多くのFXトレーダーが死亡したトルコリラショックをチャートでチェック

2018年8月10日トルコリラショックの日足チャート

これはトルコリラ/円の日足チャートです。

2018年8月10日に、19円台から16円台まで下落しています。

その後、10月には19円台まで戻ってきたので、「資金に余裕があれば耐えられたのではないか」と考える人もいるかもしれません。

しかし実は、トルコリラ/円は8月10日以前から強い下降トレンドになっていました。

2018年8月10日トルコリラショックの月足チャート

月足で見ると、それがよく分かります。

確かに2018年8月10日の下落は大きかったものの、それ以前からスワップポイント狙いの保有は、メリットを失いつつあったといえるでしょう。

さらにトルコリラ円は、2023年現在に至るまで下げ続けています。

もし今からスワップ狙いでトルコリラ円を保有するなら、スワップポイントで得られる利益と為替差損、どちらが大きくなるのか考えたうえで行ってくださいね。

トルコリラが暴落した原因

2018年8月10日のトルコリラ暴落の原因は、複数の要因がありますが、主な原因としては以下のようなものが挙げられています。

まずは経済政策です。

トルコ政府は、経済成長を目指して、財政赤字やインフレ率を抑えるために金融政策を強化していました。

しかしこれにより、投資が減少し、経済成長が減速し、経済的不安が高まったのです。

さらにトルコでは、政治的不安が高まっており、大統領選挙や議会選挙などの政治的不確実性が高まっていました。

またトルコとアメリカの間には、貿易や政治的な問題があり、アメリカはトルコに対して制裁を課しています。

これにより、投資家がトルコ経済に対して慎重になり、投資を減らしたのも大暴落の一因です。

そしてもっとも大きな影響を与えたのは、中央銀行の政策といわれています。

トルコリラショック前までのトルコ中央銀行は、インフレ率を抑えるために金利を上げませんでした。

そのため投資家が不安を感じ、トルコリラを売り、外貨に流れ込むようになったのです。

これにより、トルコリラが急落しました。

今後トルコリラはどこまで下がる?価値がなくなる可能性はある?

トルコリラにかぎらず、ある国の通貨が価値を失う可能性はゼロではありません。

しかし、それは非常に稀です。

通貨は、それが使用される国の経済状態や、その国と他の国の関係などによって、価値が変動します。

ただ、通貨が価値を失うと言っても、それは一時的なものであって、その国の経済が回復し、政治的な状況が安定した場合には、通貨の価値も回復することがあります。

国際的な協調によって、国際通貨基金(IMF)などが、通貨の価値が失われる前に対応することもあるでしょう。

そのためトルコリラについても価値がなくなる、つまり0円になるとは考えにくいです。

第二のトルコリラショックで死亡しないために何をすべき?

トルコリラの急落からは、FXトレーダーにとって重要なことを学べます。

トルコリラショックは、予期しない経済的な要因によって起こりました。

今後も同様のことが他の通貨で起こる可能性はあります。

そのため、FXでは常にリスク管理を行うことが重要です。

適切なストップロスやポジションサイズの設定などを行い、損失を最小限に抑えるようにしましょう。

トルコリラショックには、政治的な不安定要素も大きな影響を与えました。

FXでは、取引する通貨を扱う国について、政治的・経済的な状況に常に注意し、取引を行う前にリスクを評価することが重要です。

また投資先を分散させるのも、リスク管理には役立ちます。

1つの通貨にすべての資金を投入するのではなく、関連性の低い通貨に分散させることで、一度に多くの資金を失うことは回避できるでしょう。

まとめ:FX初心者が大損しないためにはリスク管理が重要

2018年8月のトルコリラショックは、FX市場において大きな影響を与えました。

トルコリラは、政治的な不安定や経済的な問題が原因で急落し、これによって多くのFXトレーダーが損失を被っています。

トルコリラショックは、FX取引においてリスク管理がいかに重要か分かる相場です。

適切なストップロスやポジションサイズの設定、市場動向や政治的・経済的な状況を継続的に見ることで、リスクを最小限に抑えましょう。

トルコリラの金利は現在も高く、スワップポイントを狙うのに適した通貨といえます。

しかし政治的に不安定な状態にあり、将来的にレートが再び大きく変動する可能性もあります。

そのためトルコリラをトレードする場合は、正確な情報を集め、慎重に行わなければなりません。

トルコリラショック以外にも、FX初心者が学んでおくべきことは多々あります。

ぜひこちらの記事を参考にしてください。

監 修
Runchaテクニカル分析チーム

トレード体験アプリ「Runcha」は、テクニカル分析チームが監修を行っています。これまでにFXおよび仮想通貨初心者向けの学習アプリを開発し、累計100万ダウンロードを突破。「Runcha」はデモトレードの進化版を目指し、トレード練習の概念を一新します。経験豊富な専門家の協力の下、分かりやすく正確な情報を提供しています。


アドバイザリーボード

当サイトでは、バランスの取れた多様で中立的な意見提言を得ることを目的として、各分野における有識者で構成されるアドバイザリーボードを設置しています。それぞれの専門の立場から、ファイナンシャル教育のあり方や、当サイトの運営などについてアドバイスをもらっています。

内田 まさみ ラジオNIKKEI
日経CNBCの番組パーソナリティ
経済雑誌多数連載中
山中 康司 金融リテラシー協会 代表理事
アセンダント取締役
デモトレードの進化版!過去チャートでFX検証
Runcha-デモトレードの進化版!過去チャートでFX検証
Advan inc.
★★★★☆
ストアで入手
表示
© Technical-book. All rights reserved