テクニカル分析の解説サイト テクニカルブック
Index

FXでスプレッドや手数料を最小限に抑える方法|コストが広がるタイミングや原因も徹底解説【初心者】

2023年01月13日 公開 
2023年01月30日 更新

FXにおいては、スプレッド手数料が大きなコストとなります。

しかし、そのコストを最小限に抑える方法もあるんです。

この記事ではその方法とともに、手数料やスプレッドが広がるタイミングや原因を、FX初心者にも分かりやすく解説しました。

取引コストが少ない環境でトレードすることで、利益を最大化しましょう。

FXに費用はかかる?

FXでは、取引に費用がかかります。

主な費用は、スプレッド手数料の2種類です。

FX会社によっては、入金や出金などにも手数料がかかることもあります。

そのため使用する会社のホームページや規約を必ず確認しましょう。

スプレッドとは何か

FXにおけるスプレッドとは、取引する通貨ペアにおける買値と売値の差額を指します。

具体例を挙げると、EUR/USDの通貨ペアにおいて、買値が1.2000で売値が1.2005の場合、スプレッドは0.0005となります。

この0.0005ドルは、EUR/USDを購入する際に必ず生じる取引コストです。

基本的にスプレッドは狭いほど有利です。

取引手数料とは何か

FXにおける取引手数料は、通常、取引を行うたびに支払われる料金です。

取引手数料は、FX会社によって異なりますが、1回の取引に対して数十円から数百円程度の料金が支払われることが多いです。

例えば、取引手数料が30円かかる口座を使用して1万円分のEUR/USDを売買したい場合、実際に30円とられることを想定して、1万30円を用意しておかなければなりません。

スプレッドと取引手数料の違い

スプレッドと取引手数料は、FXにおける取引コストという点では同じです。

しかしスプレッドは買いと売りの差額のことを指し、取引する通貨ペアや市場の状況によって変動します。

一方、取引手数料は、取引するたびに決められた金額が手数料として発生します。

FXのスプレッドは常に同じではない

先ほども解説したとおり、FXのスプレッドは、外国為替取引において、売値と買値との差額です。

これを言い換えると、為替取引をする際に取引所が提示する取引価格です。

その価格は、市場の状況や取引所の業績によって異なるので、FXのスプレッドは常に同じではありません。

例えば、為替相場が非常に活発だと、スプレッドは短期的に広がる傾向があります。

取引量が増えることに伴い、市場内での供給と需要バランスが変化し、スプレッドが広がることが原因です。

また詳しくは後述しますが、時間帯によっても、スプレッドは異なります。

FXのトレーダーは、常にスプレッドの状況を確認し、取引を行う時期や通貨ペアを選ばなければなりません。

スプレッドが広いとどうなる?

スプレッドが広いと、取引することで生じる費用が大きくなります。

そのため、利益を出すことが難しくなるかもしれません。

特に価格の変動が小さい場合は、なかなか含み益までもっていけないこともあるでしょう。

そのためスプレッドが広いときには、トレードには注意が必要です。

FXにおいてスプレッドが広がる時間やタイミング

スプレッドが広がるタイミングでは、できる限りトレードを避けましょう。

具体的には、次のような場合にスプレッドが広がりやすいです。

重要な経済指標の発表前後

スプレッドが広がることが多いのは、重要な経済指標の発表前後です。

このような時には、市場が大きく動くことが予想され、投資家たちが資産を移動させることで、スプレッドが広がる可能性があります。

例えば、米国の就業統計や消費者物価指数、中国の国内総生産(GDP)などが挙げられます。

突発的なニュースや経済イベント

突発的なサプライズ報道や経済イベントが起こることで、市場が揺れ動き、スプレッドが広がることがあります。

このような場合、市場が混乱しているため、投資家たちが資産を移動させることで、スプレッドが広がる可能性があります。

例えば、テロ事件や地震などが挙げられます。

市場の流動性が少ない早朝や年末年始など

市場の流動性が少ない早朝や年末年始などのタイミングでは、スプレッドが広がりやすくなることがあります。

これは、市場が活発でないため、取引が少なくなり、取引所がスプレッドを広げることで利益を確保するためです。

特にクリスマスから年末年始にかけては、世界中で市場参加者が減るので、その分スプレッドも広くなるでしょう。

FXの取引コストの計算方法

多くの証券会社が「スプレッド0.1銭」のように、そのスプレッドの狭さをアピールしています。

しかしこれだけでは、実際にどれくらいのコストがかかるのか分かりにくいですよね。

実際にかかるコストは、通貨量×スプレッドで求められます。

仮に、USD/JPYのスプレッドが0.1銭(0.001円)の場合を例にします。

通貨量を1万通貨とします。

すると、手数料は以下のようになります。

1万通貨 × 0.001円 = 10円

つまり10円が、USD/JPYで1万円分の買い注文をする際に、手数料として取られる金額です。

FXの取引コストを抑える方法

FXの取引コストを抑える方法としては、次のようなものがあります。

スプレッドや取引手数料が小さい業者を選ぶ

スプレッドや取引手数料は、FX会社によって異なります。

一般的に、海外のFX会社よりも国内のFX会社のほうがスプレッドは狭いです。

スプレッドは毎回のトレードにかかる手数料なので、広ければそれだけ大きな負担になります。

FX会社を選ぶ際は、スプレッドに注目してみましょう。

人気の通貨ペアで取引する

スプレッドは、取引する通貨ペアによっても異なります。

特に、人気の通貨ペアであるEUR/USDUSD/JPYなどのスプレッドは、比較的小さいです。

一方で、マイナー通貨ペアやFX以外の商品では、スプレッドが大きくなることもあります。

基本的に市場の流動性が高いものは、スプレッドも狭くなる傾向にあり、取引コストを抑えるのに適しています。

取引量が多い時間帯に取引する

取引量が多い時間帯、例えばロンドン時間ニューヨーク時間などに取引することで、スプレッドを抑えられます。

多くの人が取引を行っているため、買いと売りのバランスが取れやすく、スプレッドが小さくなる可能性があります。

また取引の量が安定しているので、スプレッドも変動しにくく、安定している傾向にあります。

通貨量を減らし、取引コストを抑える

先ほども解説したとおり、実際の取引コストは「通貨量×スプレッド」で求められます。

つまり取引量を減らすことで、取引コストを抑えることができます。

ただし取引量を減らすことで、利益も減少するので、取引プランを考える必要があります。

ボーナスや特別企画を利用する

多くの業者では、新規口座開設やトレード回数の達成などに対して、ボーナスを提供していることがあります。

その中には、スプレッドや取引手数料の割引が含まれていることもあります。

これらのボーナスを利用することで、取引コストを軽減できます。

まとめ:取引コストを抑えて、利益を増やそう

FXをするにあたって、スプレッドや手数料は必ず取られるものです。

取引コストについて知らないFX初心者は、せっかくの利益を減らしてしまうかもしれません。

しかし、少しの注意や工夫をすることで、これらの取引コストを最小限に抑えることができます。

スプレッドが広がりやすいタイミングや原因を知り、FX業者の選定やトレード時間帯の選択などを工夫してみましょう。

取引コストを最小限に抑えることで、利益を最大化することができるので、積極的に取り組んでみてください。

FXの初心者は、まずはこのまとめ記事から勉強を始めてみましょう。

監 修
Runchaテクニカル分析チーム

トレード体験アプリ「Runcha」のテクニカル分析チームが作成と監修をしています。


アドバイザリーボード

当サイトでは、バランスの取れた多様で中立的な意見提言を得ることを目的として、各分野における有識者で構成されるアドバイザリーボードを設置しています。それぞれの専門の立場から、ファイナンシャル教育のあり方や、当サイトの運営などについてアドバイスをもらっています。

内田 まさみ ラジオNIKKEI
日経CNBCの番組パーソナリティ
経済雑誌多数連載中
山中 康司 金融リテラシー協会 代表理事
アセンダント取締役
デモトレードの進化版!過去チャートでFX検証
Runcha-デモトレードの進化版!過去チャートでFX検証
Advan inc.
★★★★☆
ストアで入手
表示
© Technical-book. All rights reserved