テクニカル分析の解説サイト テクニカルブック
Index

FXはスキャルピングしか勝てない?|オススメ手法と勝つためのコツを解説【FX初心者】

2023年01月12日 公開 
2023年01月30日 更新

FXのスキャルピングとは、短い取引時間で小さな利益を重ねていくトレードスタイルです。

1分足や5分足のチャートを使用し、テクニカル分析を駆使してエントリーを行います。

短期間での大量取引にはリスクが伴いますが、正しい戦略と実践方法をマスターすれば、高い利益を手にすることができます。

しかし、FXスキャルピングをするには自己管理が欠かせません。

エントリータイミングやリスクマネジメントについても、慎重な判断が求められます。

この記事では、FX初心者がスキャルピングで成功するためのポイントや注意点を分かりやすく解説しました。

FXのスキャルピングとは

FXのスキャルピングは、短期間での大量取引を行うトレードスタイルです。

FXにはスキャルピング以外にも、さまざまなトレードスタイルがあります。

例えばデイトレードは、1日内でのトレードを行うトレードスタイルです。

日足や分足のチャートを使用し、テクニカル分析やファンダメンタル分析を駆使してエントリーを行います。リスクを最小限に抑えることができるのが特徴です。

スイングトレードは、株式や外国為替市場で、数日から数週間でトレードを行うトレードスタイルです。

主に、週足や月足のチャートを使用します。

投資期間が長いため、損益が出るまでに時間がかかることがあります。

しかし、資産を長期的に保有することで、資産の価値上昇や配当収入を得ることができるとされています。

それぞれ特徴やメリット・デメリットがあるので、自分に合ったものを選択することが重要です。

FXにおけるスキャルピングのメリット・デメリット

スキャルピングにも、メリット・デメリットがあります。

スキャルピングのメリット

短期間で収益を出せる

スキャルピングは短期間で取引を行うため、長期取引よりも早く収益を出せます。

取引のチャンスも多く、トレーダーとしても多くの経験を積めます。

為替相場の小さな変動でも収益を出せる

スキャルピングは、為替相場の小さな変動でも収益を出すことができます。

スキャルピングでは、一般的に1分足や5分足などの短期間のチャートを使用します。

大きな時間足ではレンジ相場でも、小さな時間足で動きがあれば、スキャルピングは可能です。

リスクを制御しやすい

短期間での取引を行うため、ポジションを維持する期間が短いです。

そのため、マーケットの変動によるリスクを最小限に抑えることができます。

忙しい人でも取引しやすい

スキャルピングでは、為替相場の変動を短期的に把握し、それを収益に換えることができるため、取引時間が限られている人でも取引を行うことができます。

特に、仕事や家事で忙しい人であれば、そのような取引方法は、自分の時間を有効活用することができるといえるでしょう。

ただし急騰・暴落に備えて、常にチャートを見なければなりません。

そのため仕事や家事で忙しい人であっても、スキャルピングを行う際は片手間でやるのではなく、十分な時間を確保することが重要です。

スキャルピングのデメリット

取引コストがかかる

スキャルピングは短期間でのトレードを複数回行うので、その分手数料がかかります

しかし、手数料を抑えることができる取引所や取引ツールを利用すれば、手数料を安く抑えることができます。

精神的な負担がかかる

スキャルピングでは、短期間で頻繁にトレードを行うことが必要になるため、常に相場の状況を精密に分析し、判断しなければなりません。

このような状況では、精神的な負担が大きくなりやすいです。

ある程度の相場経験が必要

市場の状況をよく観察して、スキャルピングに適したエントリータイミングを見極める必要があります。

つまり技術的な分析だけでなく、市場の感性的な判断も求められるということになります。

そのため、瞬時の判断力やある程度の相場経験も必要です。

スキャルピングしか勝てないといわれる理由

FXの世界では「スキャルピングしか勝てない」とよくいわれます。

その理由は、遠い未来を予測するよりも数分後の未来を予測するほうが簡単だと考えられるからです。

しかし実際には、どのようなトレードスタイルが勝てるかは、個人差があります。

スキャルピングがすべての人にとって最適なトレードスタイルであるということはありません。

自分に最適なトレードスタイルを見つけることが大切です。

FXのスキャルピングに向いている人・向いていない人

これまで解説してきたメリット・デメリットをもとに、スキャルピングが向いている人の特徴をまとめると、次のとおりです。

  • 短期間での収益を求める
  • 自分の感性を信じられる
  • 精神的に強い
  • 複数の銘柄を同時に取引できる
  • 毎日コツコツ続けられる

逆にスキャルピングが向いていない人は、次のとおりです。

  • 長期的な収益を求める
  • 判断力に自信がない
  • チャートに張り付く時間がない

ただし、これらの特徴はあくまでも一般的な傾向であり、個人差が大きくあるため、実際に自分がどのようなトレードスタイルに向いているかは、自分自身で検証してみることが大切です。

FXのスキャルピングで勝つためのコツ

短期取引である点を踏まえて、スキャルピングでは次のようなポイントに気をつけてみましょう。

エントリーと決済の判断を瞬時に行う

スキャルピングでは、短期間での取引が多いため、エントリーや決済の判断を迅速に行うことが重要です。

そのためには、注意力を集中させ、時には直感的に判断をすることが必要です。

値動きが活発な時間帯や通貨ペアを選ぶ

スキャルピングでは、値動きが活発になる時間帯や通貨ペアを選んで取引することが有利です。

例えば、ニューヨーク市場やロンドン市場が開いている時間帯や、ドル円やユーロ円など人気の通貨ペアを選んで取引することが良いでしょう。

取引コストを抑えられる環境でトレードする

スキャルピングでは、取引回数が多いため、取引コストが高いと稼ぎが減ってしまいます。

そのため、スプレッドや手数料が低いFX会社を選びましょう。

長期足のトレンドを分析する

微益を狙うスキャルピングでも、長期足の流れは役立ちます。

長期足のトレンドを分析することで、市場の動向を把握できるでしょう。

これにより、取引の判断がより的確になり、リスクを抑えることができます。

自分で決めたトレードルールを守る

自分で決めたトレードルールを守ることも、スキャルピングで成功するために非常に重要です。

トレードルールを守ることで、感情的な判断や慌てた取引をすることがなく、より良い取引をすることができます。

FXのスキャルピングで勝てない理由

スキャルピングで勝てない人は、次のようなことをやっていないか振り返ってみましょう。

市場参加者が少ない時間帯に取引している

スキャルピングは短期的な波動を利用するトレードスタイルであるため、市場参加者が少ない、つまり取引量が少ない時間帯に取引していると、利益を上げることが難しくなります。

市場のボリュームが少ない時間帯は、スプレッドが大きく広がったり、取引がスムーズにいかなかったりすることがあります。

スキャルピングをする場合は、取引量が多い時間帯を選んで取引することが望ましいです。

大きな利益を狙っている

スキャルピングでは、小さな利益を複数回にわたって積み重ねることが基本的な取引スタイルです。

大きな利益を狙いすぎると、リスクも大きくなります。

また、利益を出すために、利確や損切りを遅くすることもありますが、そのような取引では、損失が大きくなる可能性もあります。

通貨ペアやボラリティにもよりますが、スキャルピングでは10pipsもとれれば十分といえるでしょう。

約定力の弱いFX会社を使っている

約定力が不安定であるということは、取引を行ったにもかかわらず約定がされない、または不利なレートで約定が行われることがあるということです。

これは、市場の混沌とした状況や、業者のサーバーのタイムラグなどによって起こることがあります。

微益を狙うスキャルピングでは、わずかに不利なレートで約定するだけでも、大きなデメリットとなります。

そのため、約定力が不安定な環境では、スキャルピングで取引を行うことは難しくなるでしょう。

スプレッドが広い業者を使っている

スプレッドとは、売りと買いの取引価格の差のことを指します。

スプレッドが広いと、売りと買いの取引価格の差が大きく、その分取引コストが高くなります。

そのためスキャルピングでは、スプレッドが高い業者を使っていると、利益が少なくなることがあります。

FXのスキャルピングの注意点

これまでの解説を踏まえて、スキャルピングの注意点をまとめると、以下のとおりです。

  • 取引量が少ない時間帯は避ける
  • 大きな利益を狙うのではなく、確実に利益を出すよう心がける
  • 約定力が安定している業者を選ぶ
  • スプレッドが低い業者を選び、取引コストの影響を最小限に抑える
  • 値動きが活発になりやすい時間帯や通貨ペアで取引する
  • 長期足のトレンドを分析し、取引方針を立てる
  • 自分で決めた取引ルールを守り、根拠のないトレードを抑える
  • 利確と損切りの判断を瞬時に行えるようトレーニングする
  • 取引で起きた損失を分析し、次回以降に活かすよう心がける

FXのスキャルピングで使えるオススメ手法

FXのスキャルピングでは、1日に何度も取引します。

そのため手法は、シンプルなほうが使いやすいでしょう。

そこでオススメなのが、移動平均線のゴールデンクロスデッドクロスです。

まず移動平均線とは、過去数日間の価格データを計算した平均線です。

移動平均線の中でも短期間を対象とするものを短期線、長期間を対象とするものを長期線と呼びます。

ゴールデンクロスやデッドクロスは、この移動平均線を使ったテクニカル分析の中でもよく使われる指標です。

ゴールデンクロスとは、短期線が長期線を上にクロスした瞬間を指します。

短期的な上昇トレンドが強まると判断されるので、買いでエントリーしましょう。

一方、デッドクロスとは、短期線が長期線を下にクロスした瞬間を指します。

短期的な下降トレンドが強まると判断されるので、売りでエントリーしましょう。

自分の取引する通貨ペアにおいて、どの期間の移動平均線を組み合わせると優位性があるのか、ぜひ検討してみてください。

まとめ:スキャルピングは初心者にもオススメのトレードスタイル

FX のスキャルピングのような短期トレードスタイルには、さまざまなメリットがあります。

リスクを制御しやすく、取引経験も積めるので、初心者には特にオススメです。

スキャルピングを日々の生活に取り入れることで、短期間で収益を出すことができるかもしれません。

しかし時には直感的に素早く判断しなければならず、精神的な負担が大きくなることもあります。

やはり大切なのは、自分に合ったトレードスタイルを選ぶことです。

デイトレードやスイングトレードのような長期トレードスタイルもあるので、まずは色々なやり方に挑戦してみて、自分に合うかどうかを試してみましょう。

FXの初心者は、まずはこのまとめ記事から勉強を始めてみてください。

監 修
Runchaテクニカル分析チーム

トレード体験アプリ「Runcha」のテクニカル分析チームが作成と監修をしています。


アドバイザリーボード

当サイトでは、バランスの取れた多様で中立的な意見提言を得ることを目的として、各分野における有識者で構成されるアドバイザリーボードを設置しています。それぞれの専門の立場から、ファイナンシャル教育のあり方や、当サイトの運営などについてアドバイスをもらっています。

内田 まさみ ラジオNIKKEI
日経CNBCの番組パーソナリティ
経済雑誌多数連載中
山中 康司 金融リテラシー協会 代表理事
アセンダント取締役
デモトレードの進化版!過去チャートでFX検証
Runcha-デモトレードの進化版!過去チャートでFX検証
Advan inc.
★★★★☆
ストアで入手
表示
© Technical-book. All rights reserved