テクニカル分析の解説サイト テクニカルブック
Index

証拠金とは|最低資金や維持率の目安などを分かりやすく解説【FX初心者】

2023年01月30日 公開 
2023年02月10日 更新
証拠金とは-アイキャッチ

FXに必要な資金として、証拠金があります。

証拠金は、取引するための最低資金であり、必要な金額はFX会社によって異なります。

最低限必要な証拠金や証拠金維持率の目安などについて知っておくことは、FX初心者にとって重要です。

この記事では、証拠金についての基礎知識をFX初心者でも分かるように簡単に解説しました。

FXの証拠金とは

証拠金は、取引をするために必要な最低限の金額で、FX会社に対して提供する保証金のことを指します。

FXでは、証拠金に対して、何倍もの金額の取引ができます。

この仕組みを「レバレッジ」といい、トレーダーにとって非常に有用な機能となります。

例えば、レバレッジ100倍の場合、1ドルの証拠金で100ドル分の取引ができることになります。

これにより、取引額を大きくすることができ、取引チャンスを増やすことができます。

ただし、レバレッジは取引に対して高いリスクを伴います。

取引損失が証拠金を上回った場合、追加資金を支払う必要があります。

そのため、取引に対してリスクを理解し、適切なリスク管理をすることが重要です。

FXの最低証拠金(必要証拠金)とは

最低証拠金とは、取引するのに必要な1通貨あたりの証拠金のことです。

最低証拠金は、FX会社によって異なりますが、一般的には取引額に対する割合で決まっています。

これを必要証拠金率といい、例えば必要証拠金率が4%であれば、取引額の4%が最低証拠金になります。

FXにおける最低証拠金のシミュレーション

トレードに必要な最低証拠金は、下記の計算式で求められます。

現在の為替レート×取引数量×必要証拠金率

米ドル/円(USD/JPY)が1ドル100円、取引数量が1,000通貨、必要証拠金率が4%の場合は、以下のとおりです。

100×1,000通貨×4%=4,000円

FXの証拠金維持率とは

証拠金維持率とは、口座の残高が必要な証拠金に対して十分であることを確認するための数値です。

証拠金維持率は、「純資産÷必要証拠金×100(%)」によって算出されます。

例えば証拠金維持率が50%の場合、必要証拠金の1/2の資金しか口座にないことになります。

証拠金維持率は、取引に対してリスクを管理する上で重要な指標となります。

取引中に証拠金維持率が低下した場合には、適切な対応をすることが重要です。

証拠金維持率の目安

一般的に、証拠金維持率の目安は300%以上と言われています。

FX会社によってロスカット基準は異なりますが、100%を下回った時点で強制決済となることもあります。

そのため最低でも200%はあったほうが安心です。

FXで証拠金がなくなるとどうなる?

証拠金維持率が一定以下になった場合、つまり最低証拠金が不足している場合には、すべてのポジションが強制的に決済されることがあります。

この仕組みをロスカットといいます。

取引に対して資金が足りないので、FX会社がさらなる損失を防ぐために行う措置です。

トレードに必要な最低証拠金が足りない場合、FX会社から、追加証拠金を求められます。

大きな損失を被り、口座残高がマイナスになった場合は、その分も支払わなければなりません。

FX会社がトレーダーに対して追加証拠金を求めることを、「追証(おいしょう)」といいます。

トレーダーは、追証の通知が来た場合には、すみやかに追加証拠金を支払わなければなりません。

証拠金取引のメリット

証拠金取引は、少額の資金を投資することで大きな利益を得ることができるため、個人投資家にとっても魅力的です。

少額から大きな利益を期待でき、資金効率を高めた取引が行えます。

証拠金取引の注意点

証拠金取引によって、元本を失うだけではなく、それ以上の損失を被ることもあります。

損失を賄えない場合、借金につながることもあります。

必ずリスク管理を行い、損失を最小限に抑えましょう。

まとめ:FX初心者だからこそ証拠金について正しく理解して安全なトレードをしよう

FXでは、証拠金のおかげで少額の資金でも、大きな取引が可能です。

しかし証拠金取引は高いリスクを伴いますので、取引に対する知識やスキルを有し、適切なリスク管理をすることが重要です。

また追証やロスカットの基準など、FX会社によって異なる部分もあるので、自分の使っているFX会社について入念に調べておきましょう。

これらのことを踏まえて、証拠金取引をすることで、FX初心者でも利益を得るチャンスを増やすことができます。

証拠金以外にも、FXをやるうえで学んでおくべきことはいくつかあります。

FX初心者は、こちらの記事から勉強を始めましょう。

監 修
Runchaテクニカル分析チーム

トレード体験アプリ「Runcha」は、テクニカル分析チームが監修を行っています。これまでにFXおよび仮想通貨初心者向けの学習アプリを開発し、累計100万ダウンロードを突破。「Runcha」はデモトレードの進化版を目指し、トレード練習の概念を一新します。経験豊富な専門家の協力の下、分かりやすく正確な情報を提供しています。


アドバイザリーボード

当サイトでは、バランスの取れた多様で中立的な意見提言を得ることを目的として、各分野における有識者で構成されるアドバイザリーボードを設置しています。それぞれの専門の立場から、ファイナンシャル教育のあり方や、当サイトの運営などについてアドバイスをもらっています。

内田 まさみ ラジオNIKKEI
日経CNBCの番組パーソナリティ
経済雑誌多数連載中
山中 康司 金融リテラシー協会 代表理事
アセンダント取締役
デモトレードの進化版!過去チャートでFX検証
Runcha-デモトレードの進化版!過去チャートでFX検証
Advan inc.
★★★★☆
ストアで入手
表示
© Technical-book. All rights reserved