テクニカル分析の解説サイト テクニカルブック
Index

FXで勝てない理由と養分から抜け出す方法10選|負け続きの初心者必見

2023年01月18日 公開 
2023年01月30日 更新

初心者がいきなり勝てるほど、FXの世界は甘くありません。

勝てるようになるためには、自分自身を分析し、状況を把握し、少しずつでも改善することが大切です。

この記事では、勝てないトレーダーから抜け出すための方法を分かりやすく紹介します。

負け続きで辛い日々は終わりにして、FXにおける勝利を手に入れるためのヒントを手に入れましょう。

「FXは勝てない」といわれる理由

FXは、世界最大のマーケットの1つであり、毎日のトレード高は数兆ドルに達します。

FXは、これまでに多くの億り人を生み出しました。

一方で、「FXは勝てない」という声も少なくありません。

実際に大金を稼いでいる人がいるのに、それでも「FXは勝てない」といわれるのは、なぜでしょうか?

FXで勝てないのはプロと戦うから

FXでは、プロのディーラーと個人投資家が同じ土俵で戦います。

プロと個人投資家では、経験も得られる情報も異なります。

そのため、個人投資家が勝つのは容易ではないといわれています。

FXで勝てないのはゼロサムゲームだから

FXは、ゼロサムゲームであるといわれます。

つまりあなたが勝つためには、ほかのトレーダーが負けなければなりません。

FXではトレーダー同士が相手と競っており、市場の動きそのものが勝敗を決定するわけではありません。

そのうえでプロを相手にすることも考えると、FXは非常に競争が激しい取引であると言えます。

FXで勝てないのはプロスペクト理論が働くから

プロスペクト理論も、多くのトレーダーがFXで負ける原因の1つとされています。

プロスペクト理論とは、認知心理学の視点から、人々がリスクに対してどのように意思決定をするかを説明する理論です。

プロスペクト理論によれば、人々は損失に対しては過剰反応を示し、収益に対しては不十分な反応を示すことがあるとされています。

例えば、現在所有している資産よりも少ない金額を失うことに対して、それよりも多い金額を得ることよりも不幸そうに感じることがあります。

これは損失の場合には、資産を失うことによって、現在の所有資産から離れることになるため、損失を受けることが避けられないことが原因であるとされています。

この理論は、金融市場においても適用され、投資者やトレーダーが取引決定をする際に影響を与えることが知られています。

FXにおいても、トレーダーは適切にリスクを把握できないまま、取引を行ってしまうことがあります。

FX初心者はどれくらいで勝てるようになる?

初心者が一人前のトレーダーになるためには、どれくらいの時間がかかるかは、個人差があります。

一般的には、専門的な知識やスキルを身につけるためには、数か月から数年かかると言われています。

経験豊富なトレーダーでさえ、毎日のトレードで損失を出すことがあります。

それでも、初心者がFX取引で稼ぐことは可能ですが、それには努力と学習が必要です。

まず、FX取引の基礎知識を学ぶことが重要です。

これには、通貨ペア・テクニカル分析・ファンダメンタル分析などが含まれます。

次に、実際の取引を行うための戦略やリスク管理を学ぶことが必要です。

これには、デモ口座を使用した実践トレーニングが有効です。

また、トレーディングにおいて心理学も重要な要素となります。

トレーディングにおいて、感情管理や自己責任感を持つことが必要です。

すべてをスピーディーに学べば、短い期間でも優秀なトレーダーになれるでしょう。

FXで勝てない具体的な理由・原因

ここからは、FXで勝てない具体的な理由について解説します。

無謀なリスクを取る

FX取引においては、リスクを最小限に抑えることが重要です。

大きすぎるリスクを取ることで、一度に多くの資金を失うことがあります。

正しいリスク管理をすることで、取引の成否に影響を与えることなく、安定した利益を上げることができます。

情報不足

FX市場は、時間の経過とともに変化します。

そのため、常に最新の情報を持っていなければならない市場です。

情報不足が原因で、予想外の動きに対応できないことがあります。

感情的にトレードしてしまう

感情的な取引は、論理的な判断を妨げます。

感情的に取引をすると、自分の立てた計画を守らずに、どこからか情報を得た動きに追随し、予想外の損失を被ることがあります。

そのため取引前に自分の感情をコントロールし、冷静に判断することが重要です。

復習をしない

取引に失敗した場合、自分の悪いところを反省することで、次回同じような失敗を防ぐことができます。

しかし、自己批判不足が原因で、同じ失敗を繰り返すことがあります。

取引に失敗した場合は、原因を特定し、改善することが重要です。

トレード戦略や手法が相場に合っていない

FX取引には、適切な戦略が必要です。

取引戦略が不適切な場合、予想外の動きに対応できず、損失を被ることがあります。

取引戦略を考える際には、市場情勢・投資目的・リスクに対する自分の耐性などを考慮することが重要です。

24時間トレードしようとする

FXは、24時間取引可能です。

しかし24時間常にチャートを見て、利益を出すのは、身体的・精神的な負担が大きいです。

取引をする時間を適切に管理しない場合、最良の取引チャンスを逃すことがあります。

取引する通貨ペアに対して、取引する時間帯を決め、それに合わせた取引をすることが必要です。

少し勝っただけでロット数を増やす

自分の能力を過信し、取引量を増やすと、大きな損失を被る可能性があります。

また過信によって、トレードシナリオを守らずに、予期しない損失を被ることもあります。

自分の取引能力に対して適切な評価をすることが重要です。

FXで勝てない状況から抜け出す10個のコツ

それでは具体的に、負け組トレーダーから抜け出すためには、どうすればいいのでしょうか?

チャート分析をし、根拠のある取引を行う

FXでは、チャート分析をし、根拠のある取引を行うことは重要です。

チャート分析の技術を身につければ、過去の価格変動を見て、将来の価格変動を予想できます。

市場の流れやトレンドを分析することで、取引におけるリスクを減らすことができます。

またテクニカル分析を使って、根拠のあるトレードをすれば、損失を出したとしても「なぜダメだったのか」が分かります。

取引ルールに沿って、売買や損切りを行う

トレードルールは、取引においての戦略を定め、取引をする上での指針を提供するため、必要不可欠です。

トレードルールに従うことで、感情的な取引を減らし、冷静な判断をすることができます。

また、トレードルールに従うことで、取引に対して適切なリスク管理をすることができます。

大きすぎるロットで取引しない

FXにおいては、自分の資金にあわせて適切なロット数を選ぶことが重要です。

適切なロット数でトレードすることで、資金の枯渇を防げます。

もし資金が少ないのに大きなロット数を選択し、損失を被った場合、元手をすべて失い、今後の取引に支障をきたします。

口座残高がマイナスになった場合、その損失を埋めるために、借金をする必要もあるかもしれません。

適切なロット数でトレードすることで、損失を最小限に抑え、借金を負うおそれを最小限に抑えることができます。

ナンピンしない

ナンピンは、買い増しや売り増しによってエントリーのコストを平準化する手法です。

通常、FX取引においては、ストップロスを設定し、取引に対するリスクを最小限に抑えることが重要です。

しかしナンピンでは、ストップロスを設定せず、買い増しや売り増しをすることで、大きな利益を上げることを狙います。

ただしナンピンは非常にリスキーな取引方法であり、損失が大きくなる可能性もあるので、初心者にはオススメしません。

自分にあったトレードスタイルを見つける

FXにおけるトレードスタイルとは、取引をするために使用する戦略や手法のことを指します。

取引に対するアプローチや許容できる損失、タイミングなどが異なるため、様々なトレードスタイルがあります。

短時間のトレードを繰り返すスキャルピングが合っている人もいれば、長期間保有し続けるスイングトレードが合っている人もいるでしょう。

トレーダーは試行錯誤しながら、自分に適したトレードスタイルを見つけることが重要です。

流動性が高く安定している通貨ペアでトレードする

流動性が高い通貨ペアは、スプレッドが狭く、約定もスムーズなので、トレードに適しています。

また流動性が高い通貨ペアは、価格の変動も安定しているため、予測がしやすく、リスクを抑えることができます。

一方、流動性が低い通貨ペアを選んだ場合、スプレッドが広く、約定も困難で、トレードに適していません。

また流動性が低い通貨ペアは、価格の変動も不安定で、予測がしにくく、リスクも高くなります。

FXでは、流動性が高く安定している通貨ペアを選ぶことも勝率アップにつながります。

相場が荒れている時は取引しない

相場が荒れている、つまり価格の変動が激しく、予測が困難な状態では、トレードを避けましょう。

相場が荒れる原因は様々ですが、以下に挙げるような要因が考えられます。

  • 経済指標や経済ニュースによる、国際経済や政治的な不確実性の影響
  • 大規模な資金の流入や流出による供給過剰や不足
  • 大規模な売買による価格変動
  • 天災や戦争などの不測の事態

相場が荒れているときは、予想外の値動きをしやすいので、リスク管理を徹底することが重要です。

また、荒れる前に予想される経済指標やニュースを追跡し、トレードに影響を及ぼす可能性のある要因を予測することも有効です。

余剰資金を利用して取引を行う

FXに限らず、投資は余剰資金で行うことが望ましいです。

投資にはリスクが伴います。

投資がうまくいかなかった場合に、生活資金を失うことがあります。

そのため生活資金を使って投資すると、投資に対するプレッシャーが高まり、リスクを評価することが難しくなります。

また生活資金を使って投資すると、経済的なトラブルに陥る可能性が高くなります。

トレード記録をつける

トレード記録をつけることは、取引戦略の改善に役立ちます。

記録を見返すことで、どこがうまくいったか、どこがうまくいかなかったかを分析することができるからです。

またトレード記録をつけることで、感情のコントロールをすることができます。

トレードがうまくいかなかった理由が感情にあると分かれば、どうすればその影響を抑えられるのか考えることができます。

具体的には、エントリーと決済の条件・損益・取引にかかった時間などを記録することが望ましいです。

トレード前に立てたシナリオと、実際の相場の動きを比較してみるのもいいですね。

自動売買ツールを使ってみる

FXにおける自動売買とは、コンピュータープログラムによって取引を自動的に行う仕組みです。

そのプログラムは、事前に設定した条件やアルゴリズムに基づいて、取引を行います。

自動売買は、手動取引に比べて、取引の数を増やし、取引の時間を短縮することができます。

また、人間が持つ感情や疲れによる取引ミスを回避することができます。

裁量でのトレードが難しいと感じたら、このような自動売買ツールを使ってみるのもいいでしょう。

ただし、自動売買にはリスクも存在します。

アルゴリズムによって取引が行われるため、市場の変化に対応できない場合もあります。

また、プログラムにバグがあった場合には、予期せぬ損失を被る可能性もあります。

そのため、自動売買を行う際には、リスクを理解し、適切なリスク管理を行うことが重要です。

まとめ: FXで勝てるようになった人はたくさんいる

FXで稼げるかどうかは、さまざまな要因に影響されます。

この記事では、勝っているトレーダーたちの「養分」となり、負け続けているFX初心者がそこから抜け出すための方法をまとめました。

ぜひ実践してみてください。

また勝てない人は、FXの基礎から勉強し直すのもいいでしょう。

こちらの記事ではFXについて、初心者にも分かりやすいように簡単に解説しています。

監 修
Runchaテクニカル分析チーム

トレード体験アプリ「Runcha」のテクニカル分析チームが作成と監修をしています。


アドバイザリーボード

当サイトでは、バランスの取れた多様で中立的な意見提言を得ることを目的として、各分野における有識者で構成されるアドバイザリーボードを設置しています。それぞれの専門の立場から、ファイナンシャル教育のあり方や、当サイトの運営などについてアドバイスをもらっています。

内田 まさみ ラジオNIKKEI
日経CNBCの番組パーソナリティ
経済雑誌多数連載中
山中 康司 金融リテラシー協会 代表理事
アセンダント取締役
デモトレードの進化版!過去チャートでFX検証
Runcha-デモトレードの進化版!過去チャートでFX検証
Advan inc.
★★★★☆
ストアで入手
表示
© Technical-book. All rights reserved