テクニカル分析の解説サイト テクニカルブック
Index

伝説の為替ディーラー直伝!プロから勝つための20の公式を学べる書籍を紹介

2022年10月03日 公開 
2023年01月30日 更新

FXのスキルを磨こうとトレードに取り組んでいる人の中には、次のような悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。

  • FXについて教えてくれる師匠がいない
  • 独学でやってきたので自分のやり方に自信がない
  • 自分のお手本になるようなトレーダーがほしい

こんな悩みを持っている人におすすめしたいのが、『FX 常勝の公式20』という書籍です。

本書籍の著者は為替の世界で30年以上の経験を持つ元為替ディーラーの水上氏で、ご自身の経験に基づき勝つために必要な20の公式を紹介してくれています。

本書籍でプロが直接伝授する勝つために必要な正しいノウハウを身に付ければ、上のような悩みは解消して、自信を持ってトレードができるようになるでしょう。

今回は、プロの為替ディーラーならではの情報や知識、考え方を学ぶことができる本書籍を分かりやすく紹介していきます。

内容も少し公開しているので、本書籍が少しでも気になるという人はぜひ最後までチェックしていってくださいね。

▼紹介書籍
FX 常勝の公式20

本書籍を読んでほしい人

『FX 常勝の公式20』の書影

引用元:版元ドットコム

今回紹介する『FX 常勝の公式20』をぜひ読んでほしいのは、以下のいずれかに当てはまる人たちです。

  • FXに関する疑問を解決したい人
  • プロトレーダーのノウハウが知りたい人
  • 為替ディーラーならではの考え方を知りたい人
  • FXがうまくいかなくて悩んでいる人
  • 新しいテクニックを自分の手法に取り入れたい人
  • 自分の手法が確立していない人
  • 一定のFX経験がある人

本書籍の位置付けは、初心者の人が一から基礎知識を学ぶというよりも、FXの基本を理解している人が知識をさらに深めるためのものです。

一定のFX経験がある人が読んだ方が、本書籍から得られるものは多くなると考えられます。

また、本書籍の著者の水上氏は、元為替ディーラーで為替の世界に関わって30年以上ということでまさにプロ中のプロという存在です。

本書籍を読めばそんな水上氏の言葉を聞けるわけなので、プロからFXを教わりたい、プロのノウハウを知りたいといった人にもぴったりの一冊といえるでしょう。

水上氏はもともとは機関投資家側の世界にいた人なので、個人投資家が知ることができない情報を聞けるのも魅力ですね。

その他、本書籍には実戦トレードに直接つながるようなテクニックやノウハウ、情報が本当にたくさん詰まっています。

そういったものを一つずつ理解して取り入れていけば、トレード成績の向上を期待できるのではないでしょうか。

FXを始めてみたものの結果が出なくて悩んでいる人、自分の手法を確立したい・改善したいと考える人にとって、本書籍を読む価値は非常に大きいはずです。

著者は為替の世界に30年以上携わるプロ中のプロ

著者の水上紀行氏

引用元:水上紀行『FX 常勝の公式20』

本書籍の著者は、外国為替情報の配信サービスを提供するバーニャ マーケット フォーカスト(BMF)の代表を務める水上氏です。

水上氏は内外大手銀行で為替ディーラーとして活躍し、為替の世界に30年以上も携わってきた経歴を持っており、まさにプロ中のプロといえるでしょう。

現在も為替ストラテジストとして雑誌・テレビ・ラジオなどに出演しており、水上氏をご存知の方も多いかもしれません。

水上氏が本書籍を執筆したきっかけになったのが、長年配信を続けているメールマガジン「FXマーケットフォーカスト」の会員からの質問でした。

相場についていろんな質問が寄せられるわけですが、意外と質問の内容は似通っているところがあったわけです。

本書籍は、こういった個人投資家からの質問を整理した上で回答するという位置付けにもなっています。

水上氏は個人投資家を見ていて、「勝つための方法・やってはいけないこと」を知らないがために負けている人が多いと感じることがあるそうです。

そうした知識を身に付ける第一歩として、本書籍は非常に良いきっかけになるのではないでしょうか。

▼水上氏のメールマガジン
FXマーケットフォーカスト

本書籍の特徴

本書籍の特徴としては、以下の3つを挙げておきたいと思います。

  • 個人投資家が知りたいポイントが20個の公式に整理されている
  • すぐに実戦で生かせるテクニックを学べる
  • 元為替ディーラーならではの情報を知ることができる

まず1つ目ですが、タイトルにもあるように本書籍には、勝つためのテクニックやノウハウ、情報が、20個の公式に整理されています。

これらの公式はメールマガジン会員から寄せられる質問を踏まえて整理されたもので、個人投資家のための公式と考えることができるでしょう。

『FX 常勝の公式20』のページ構成のイメージ

引用元:水上紀行『FX 常勝の公式20』p.16 – 17

ちなみにそれぞれの公式は、一言でシンプルに書かれています。

ただ、シンプルに見える公式には実はかなり奥が深い意味が隠されており、それを読むと目からウロコが落ちることも多いはずです。

そのため、20個の公式だけをパッと見て、「あ、こういうことね」と分かった気にならず、しっかり解説を読んで理解することをおすすめします。

シンプルに見えて内容はかなり濃いので、全ての公式を腹落して納得できるところまでいけば、ご自身のFXスキルは大きく向上することでしょう。

続いて2つ目ですが、本書籍には具体的なテクニックが多く載っており、実際のトレードにも生かしやすいところがあります。

使ってみようと感じるテクニックがたくさんあると思うので、ぜひ積極的にご自身の手法に取り入れてみるといいのではないでしょうか。

プロが実践しているトレードのテクニックというのは、なかなか知ることができる機会は多くありません。

そういう意味でも、本書籍は非常に価値ある一冊といえるでしょう。

最後の3つ目の特徴は、元為替ディーラーだからこその情報に触れられるというところです。

いわゆる機関投資家側で働いている為替ディーラーは、個人トレーダーが知り得ないような知識や情報を数多く持っています。

FXの世界で個人トレーダーが負けてしまう原因の多くは、この部分に関係しているのかもしれません。

本書籍は、そういった個人トレーダーが気付きにくい部分を知る一つのきっかけになるはずです。

為替のプロの世界を垣間見ることができるという意味でも、FXでトレードをしている人は本書籍をぜひ手に取っていただきたいと思います。

本書の内容を少し紹介します!

ここで、本書籍に書かれている実際の内容を見ていきましょう。

最初に本書籍の全体構成を説明してから、公式を一つピックアップしてその概要を簡単に紹介していきます。

基本戦略・個別戦術が学べる4章立て

本書籍は、次の4章で構成されています。

  • 第1章:FXを手がけるときの基本戦略
  • 第2章:プロが厳選したテクニカル分析
  • 第3章:海外勢の動きから探る売買タイミング
  • 第4章:いつまでも使える市場の観察眼

まず第1章で解説されているのが、トレードをする上でのベースとなる基本戦略です。

基本的な内容(とはいえ奥は深いですが)となりますが、まずはここが一番大切になるでしょう。

そして、第2章と第3章では、実際のトレードにおける個別戦術を学んでいけます。

第2章で紹介しているのがテクニカル分析による手法、第3章で紹介しているのが海外勢の動きも踏まえた為替ディーラー的な取引ポイントです。

為替ディーラー的な考え方を知ることができる第3章は、特に面白いと感じるのではないでしょうか。

最後に第4章は、より大局的な目線で相場の流れを見たり、転機を捉えたりする考え方について解説しています。

相場の大きな流れをうまく利用できれば、大きな利益を生むことにもつながるはずです。

何度も読み返して、しっかり理解するようにしましょう。

海外ファンドの45日ルール

では、実際に本書籍の内容を少しだけ紹介したいと思います。

ここで紹介するのは、第3章で紹介されている海外ファンドの45日ルールです。

45日ルールとは、決算の45日前に解約申請を行わないといけないという、海外ファンドにおけるルールのことです。

この決算の45日前にかけては、海外ファンドが解約に応じるための資金を用意するため、ポジションを手仕舞いする流れが起こります。

ちなみに、海外ファンドの決算日は11月末日なので、決算の45日前は10月15日です。

ここで、この45日ルールが相場にどう影響するか考えてみましょう。

例えば9月あたりまで海外ファンドが売りポジションを増やして、下落トレンドが作られていたとします。

すると、10月前後から10月15日にかけては、ポジションの手仕舞いということで売りポジションの解消が始まり、流れが変わって上昇トレンドが起こりやすいというわけです。

では、次の画像で実際のチャートを見てみましょう。

45日ルールでトレンド反転が起こったチャート

引用元:水上紀行『FX 常勝の公式20』p.167

これは2016年10月上旬のドル/円のチャートですが、まさに10月前後を境に下落トレンドから上昇トレンドへと流れが反転しています。

このように、9月の流れを見て買い・売りいずれかのポジションが溜まっている場合は、10月前後から10月15日にかけては反転を狙えるというわけです。

なお、本書籍内ではもっと丁寧に解説しているので、細かいところはそちらでぜひ確認してみてください。

こういった形で、45日ルールという知識があるだけでトレードの戦略は広がっていくわけです。

本書籍を読んで相場に関する知識量を増やしていけば、自ずとトレード成績の向上にもつながっていくのではないでしょうか。

まとめ:元プロ直伝のテクニックを身に付けよう!

今回は、悩める多くのFXトレーダーにおすすめしたい書籍『FX 常勝の公式20』を紹介しました。

本書籍で元為替ディーラーならではの情報や知識、考え方を学んで、ご自身のトレードに生かしていただければと思います。

公式の一つ一つは、一見シンプルにも見えるかもしれません。

しかし、実際に解説を何度も繰り返し読んでみると、「あ、そういうことだったのか!」という発見がたくさんあるものです。

何度も何度も読み返して、理解を深めることをおすすめします。

最後に繰り返しになりますが、本書籍を特に読んでほしいのは以下のような人です。

  • FXに関する疑問を解決したい人
  • プロトレーダーのノウハウが知りたい人
  • 為替ディーラーならではの考え方を知りたい人
  • FXがうまくいかなくて悩んでいる人
  • 新しいテクニックを自分の手法に取り入れたい人
  • 自分の手法が確立していない人
  • 一定のFX経験がある人

自分がこのどれかに当てはまると感じた人は、ぜひ本書籍を手に取って元為替ディーラー直伝のテクニックに触れてみていただきたいと思います。

▼紹介書籍
FX 常勝の公式20

監 修
Runchaテクニカル分析チーム

トレード体験アプリ「Runcha」のテクニカル分析チームが作成と監修をしています。


アドバイザリーボード

当サイトでは、バランスの取れた多様で中立的な意見提言を得ることを目的として、各分野における有識者で構成されるアドバイザリーボードを設置しています。それぞれの専門の立場から、ファイナンシャル教育のあり方や、当サイトの運営などについてアドバイスをもらっています。

内田 まさみ ラジオNIKKEI
日経CNBCの番組パーソナリティ
経済雑誌多数連載中
山中 康司 金融リテラシー協会 代表理事
アセンダント取締役
デモトレードの進化版!過去チャートでFX検証
Runcha-デモトレードの進化版!過去チャートでFX検証
Advan inc.
★★★★☆
ストアで入手
表示
© Technical-book. All rights reserved