テクニカル分析の解説サイト テクニカルブック

29種類のチャート分析ツールを搭載

2022年04月08日 公開 
2022年04月08日 更新

個人トレーダーの武器といえるテクニカル分析

テクニカル分析は個人トレーダーが相場で戦うための唯一の武器といえます。

Runchaではトレーダーが必ず身に着けなくてはいけないテクニカル分析の練習ができるように、29種類のテクニカル分析ツールが搭載されています。

29種類のチャート分析ツールを搭載

【全29種類】Runcha搭載のテクニカル分析ツール

テクニカル分析に必須であるインジケーターを用意しました。

トレンド系インジケーター

  • 移動平均線
  • 一目均衡表
  • ボリンジャーボンド
  • スーパーボリンジャーバンド
  • スパンモデル
  • ZigZag
  • GMMA
  • エンベロープ

オシレーター系インジケーター

  • MACD
  • RSI
  • DMI/ADX
  • ストキャスティクス
  • スローストキャスティクス
  • RCI
  • サイコロジカル
  • 乖離率
  • モメンタム
  • ウィリアムズ%R
  • RVI
  • ROC
  • ATR

描画ツール

  • トレンドライン
  • 垂直線
  • 水平線
  • 長方形
  • トレンドチャネル
  • フィボナッチ・リトレースメント

もちろんインジケーターを自由にカスタマイズ可能

インジケーターのパラメーターなどをカスタマイズできることは、トレーダーにとって必要不可欠ですよね。

Runchaでももちろん変更できるようになっています!

インジケーター設定画面

チャートの設定も自由にカスタマイズできる

インジケーターだけでなくチャート画面も自分の好みに合わせてカスタマイズできます。

チャート設定画面

Runchaは過去の相場を練習できるトレードシミュレーションアプリです。

普段自分がトレードしている環境を再現したり、シミュレーションだからこそ試してみたい設定にして練習してみましょう!

アドバイザリーボード

当サイトでは、バランスの取れた多様で中立的な意見提言を得ることを目的として、各分野における有識者で構成されるアドバイザリーボードを設置しています。それぞれの専門の立場から、ファイナンシャル教育のあり方や、当サイトの運営などについてアドバイスをもらっています。

内田 まさみ ラジオNIKKEI
日経CNBCの番組パーソナリティ
経済雑誌多数連載中
山中 康司 金融リテラシー協会 代表理事
アセンダント取締役
デモトレードの進化版!過去チャートでFX検証
Runcha-デモトレードの進化版!過去チャートでFX検証
Advan inc.
★★★★☆
ストアで入手
表示
© Technical-book. All rights reserved