オシレーター分析 - テクニカル分析の解説サイト テクニカルブック

RSIの関連インジケーター15選(MT4/MT5/TradingView) RSIの関連インジケーター15選(MT4/MT5/TradingView)

RSIには手軽に利用できるさまざまな関連インジケーターがあり、上手に利用することでチャート監視時間の短縮や分析の効率化が可能です。この記事では、MT4/MT5/TradingViewにおけるおすすめのRSIインジケーターを15個紹介するとともに、利用時の注意点について解説していきます。

MACD関連インジケーターをチャート分析で使おう!おすすめ13選 MACD関連インジケーターをチャート分析で使おう!おすすめ13選

MACDは、チャート分析における人気インジケーターです。MT4やMT5、TradingViewでは、無料でダウンロードして使用できるMACDの関連インジケーターが数多く公開されていますが、この記事ではおすすめの13個を厳選して紹介していきます。

MACDの見方・使い方を詳細解説!基本7手法&組み合わせ3手法 MACDの見方・使い方を詳細解説!基本7手法&組み合わせ3手法

幅広い使い方ができるMACDは、FXや株式投資において人気のあるインジケーターです。しかし、例えばヒストグラムなど、MACDの見方をきちんと把握できている人は多くないかもしれません。今回は、RSIやBBとの併用方法といった応用的なところも含めて詳細な解説を行います。

FXに効くMACD!基本の使い方や設定、組み合わせ手法を紹介 FXに効くMACD!基本の使い方や設定、組み合わせ手法を紹介

MACDはFXトレーダーに人気のあるインジケーターで、スキャルピングやデイトレードだけでなくスイングトレードにも活用できます。本記事では、MACDの基本となる使い方、おすすめのパラメータ設定、他のインジケーターとの組み合わせ手法、使用する上での注意点について、一気に解説していきます。

MT4のMACDの設定方法|2本線表示やヒストグラム追加など MT4のMACDの設定方法|2本線表示やヒストグラム追加など

MACDはチャート分析で人気があり、MT4にも標準装備されています。そのため簡単に表示できるものの、2本ラインやヒストグラムの表示には一工夫必要です。この記事では、PC版・スマホ版MT4におけるMACDの表示や設定についてまとめました。

MACDが持つ意味とは?特徴を理解してシグナルを使いこなそう MACDが持つ意味とは?特徴を理解してシグナルを使いこなそう

MACDとは「移動平均収束発散法」とも言われる、チャート分析で人気のインジケーターです。しかし、その意味を正しく理解できている人は多くないかもしれません。MACDのシグナルや、各構成要素と0ラインのクロスが持つ意味を計算式から読み解き、注意点も含めてMACDの特徴を解説していきます。

MACDの計算式からシグナルの意味を読み解く!Excel配布あり MACDの計算式からシグナルの意味を読み解く!Excel配布あり

チャート分析で人気のMACDですが、その計算式を正確に理解している人は多くないかもしれません。この記事では、MACDを構成するMACD線・シグナル線・ヒストグラムについて、計算式まで遡って丁寧に解説を行っていきます。計算式を理解して、MACDが持つ特徴や注意点を深いレベルで理解できるようになりましょう。

MACDのパラメータに設定する期間のおすすめは?検証方法も紹介 MACDのパラメータに設定する期間のおすすめは?検証方法も紹介

テクニカル分析で人気のMACDは、パラメータ設定を調整することで動き方やサインの出方をコントロールすることができます。MACDは長短2本の移動平均線の値幅を示すインジケーターで、移動平均線の期間がパラメータです。基本的な手法を使って検証を行うとともに、パラメータ調整における注意点について説明していきます。

株におけるMACDの見方・使い方!おすすめ設定や株アプリも紹介 株におけるMACDの見方・使い方!おすすめ設定や株アプリも紹介

MACDは株式のチャート分析において人気のあるインジケーターです。本記事では、MACDが持つ意味を計算式まで遡って説明するとともに、将来の株価の動向を予測する際の見方・使い方を解説。その他、MACDのおすすめの設定、MACDが使える証券会社の株アプリの紹介もしています。

RSIの計算式をわかりやすく解説!RSIとの違いや順位付けする理由とは? RSIの計算式をわかりやすく解説!RSIとの違いや順位付けする理由とは?

RCIはどのように計算されているのか?RSIとはどう違うのか?計算式を紐といて見ていけばその違いははっきりとわかります。ポイントは時間と価格の関係を表す「SUM]だった!RCIがなぜトレンド相場でも使えるのか?それがすべてわかります!

RCIにおける4つの売買シグナル|勝率を上げる手法とその特徴を解説 RCIにおける4つの売買シグナル|勝率を上げる手法とその特徴を解説

RCIは過熱感を視覚的に確認することで売買シグナルの目安として使用することができます。時間要素を加味するインジケーターなので逆張りだけでなく順張りにも活用でき、利確タイミングやダマシの回避などお役立ちテクニックをご紹介します!

オススメRCIインジケーター|MAやボリバンとの組み合わせも解説 オススメRCIインジケーター|MAやボリバンとの組み合わせも解説

テクニカル指標系のインジケーターとして人気のRCIで相場分析!導入方法からパラメーター設定、トレンドやレンジを把握する分析方法、3本のRCIを使った売買シグナルまで、多くの情報を教えてくれるRCIの使い方を解説します!

RCIの見方と使い方|FXでも効果的な3本ラインで狙う順張り・逆張り手法 RCIの見方と使い方|FXでも効果的な3本ラインで狙う順張り・逆張り手法

RCIを使ったチャート分析の見方や注意点、トレードに役立つアイデア、効果的な使い方や効果的ではない場面など、実戦で使える情報をわかりやすくお伝えします!

RCIによる株式取引|売買シグナルと銘柄選定、他インジケーターとの組み合わせ RCIによる株式取引|売買シグナルと銘柄選定、他インジケーターとの組み合わせ

RCIを使った株価の分析では、割安感や割高感、株価の方向性に加え、投資家心理の過熱感や時間による推移などを知ることができる他、スクリーニングによって銘柄の選定も行える使い勝手のいいインジケーターです。

RCIの推奨期間|最強設定を時間足・取引スタイル別に紹介 RCIの推奨期間|最強設定を時間足・取引スタイル別に紹介

RCIの期間設定は「9/26/52」が一般的です。この設定は時間足や取引スタイルで変える必要はあるのか、RCIの期間に対する疑問にお答えします。最強設定についても、3本のRCIの役割や機能する理由をもとに解説しました。

RCIとは|RSIとの違いや意味、使い方などを徹底解説 RCIとは|RSIとの違いや意味、使い方などを徹底解説

テクニカル指標系のオシレーターであるRCIは現在の価格が割安か割高かを判断するときなどに使われますが、今回はRCIを使った分析方法のメリットや意味を徹底解説していきます。実際の相場での使い方と売買シグナルの詳細のほか、よく比較されるRSIとの違いや画面構成についても解説します。

MT4・MT5のRCIの表示方法|ダウンロードから設定まで実際の画面で解説 MT4・MT5のRCIの表示方法|ダウンロードから設定まで実際の画面で解説

RCIは、相場の過熱感が分かる便利なインジケーターです。しかしMT4とMT5には標準搭載されていないので、別途ダウンロードしましょう。RCIの表示から最強の期間設定まで、実際の画面で解説しました。

RCIのFXにおける手法とは?4つのポイントで売買判断が簡単に! RCIのFXにおける手法とは?4つのポイントで売買判断が簡単に!

FXの取引チャート画面にRCIを表示すれば、売買判断のシグナルや環境認識が丸わかりに!?RCIを使った売買の活用方法と類似オシレーターとの違いや、取引をする際にどんなシグナルを目安にすればいいのかをわかりやすく解説します。

RSIの計算式を徹底解説!2種類を検証したエクセル配布あり RSIの計算式を徹底解説!2種類を検証したエクセル配布あり

定番インジケーターであるRSIですが、その計算式に2種類あることはあまり知られていません。過去の終値データを使ったExcelでのシミュレーションも行いながら、それぞれの計算式の特徴や性質の解説を行います。RSIの計算式を深く理解して、トレードをより有利に進めていきましょう。

RSIの期間設定のおすすめは?数値別・時間足別の検証結果も公開! RSIの期間設定のおすすめは?数値別・時間足別の検証結果も公開!

テクニカル分析の定番であるRSIを使いこなすためには、期間設定の理解が大切です。計算式まで遡って期間設定が持つ意味を解説した上で、相場における投資判断に与える影響を解説していきます。また、RSIの期間設定を検証する方法も紹介しているので、ご自身の手法を構築する際の参考にしてください。

RSIとは?FX・株・仮想通貨における定番テクニカルの正しい意味を解説 RSIとは?FX・株・仮想通貨における定番テクニカルの正しい意味を解説

RSIとは、「相対力指数」という意味を持つオシレーター系インジケーターの代表格です。相場の過熱感を読み取るという部分が強調されがちなRSIですが、本来の意味は少し違うところにあります。RSIにおけるシグナルの理由まで深く理解して、正しい取引判断を行うための参考にしていただければと思います。

RSIの見方・使い方を詳しく解説!取引における注意点と対策も RSIの見方・使い方を詳しく解説!取引における注意点と対策も

最も有名なオシレーター系インジケーターであるRSIの見方や使い方について、計算式も踏まえて具体的かつ詳細な解説を行っています。実際の相場でRSIをどう使って取引の判断を行えばいいか、何に注意してどう対応すればいいかなど、この記事を通して実戦的な知識を身に付けてください。

RSIをMT4/MT5で使う方法と関連インジケーターの紹介 RSIをMT4/MT5で使う方法と関連インジケーターの紹介

オシレーター系インジケーターとして代表的なRSIを、MT4/MT5のPC版/スマホ版で使用する方法を徹底解説していきます。特にRSIの設定に関する部分は、詳細に掘り下げて解説しているので要チェックです。その他、相場監視で便利なアラートの機能を持つインジケーターも紹介しています。

FXでRSIはどう使う?基本手法や設定期間の考え方を簡単解説 FXでRSIはどう使う?基本手法や設定期間の考え方を簡単解説

RSIは、FXのテクニカル分析における代表的なインジケーターの一つです。このRSIについて、基本的な使い方や他のインジケーターとの組み合わせ手法、おすすめの期間設定など、トレーダーが押さえておくべきポイントを簡単に解説します。RSIを理解して、刻々と変動し続ける為替相場で戦う際の心強い味方にしましょう。

CCI「Commodity Channel Index」平均化価格からの乖離を見る CCI「Commodity Channel Index」平均化価格からの乖離を見る

CCI「Commodity Channel Index」(商品チャネル指数)とは、商品先物市場での相場分析に用いられたテクニカル指標。相場の方向性を判断して、トレンドフォローを得意とするインジケーターです。

ウィリアムズ%R|手法や最強設定、ダイバージェンスなどを徹底解説 ウィリアムズ%R|手法や最強設定、ダイバージェンスなどを徹底解説

ウィリアムズ%Rをうまく使えば、相場の反転ポイントを素早く捉えることができ、トレンドの頭から尻尾までとれます。ただしダマシも多く、使い方には注意が必要です。手法や最強設定についてまとめました。

モメンタム|トレンド転換を捉えるシグナルや設定、計算式などを解説 モメンタム|トレンド転換を捉えるシグナルや設定、計算式などを解説

モメンタムでは、直近と過去のレートの差から 相場の方向性や勢いを読みます。シンプルですが売買シグナルも分かりやすく、使い勝手のいいインジケーターです。他の指標との組み合わせにも適しているので、詳しく紹介します。

ROC|当日の終値と過去の終値の変化率から相場の勢いを見極める ROC|当日の終値と過去の終値の変化率から相場の勢いを見極める

ROCとは、当日の終値と過去の終値の変化率によって、相場の勢いを見極める為のオシレータ指標です。モメンタムを比率化したもので、モメンタムと同様に変化によって相場の勢いを見るために考案されました。

サイコロジカル|投資家心理を数値化して分析する サイコロジカル|投資家心理を数値化して分析する

サイコロジカルとは投資家心理を数値化して分析することで、相場の強弱の見極めや買い場、売り場を判断するのに使う指標です。ある期間のうち、価格が上昇した日数の割合を計算します。

RCI(順位相関指数)|使い方や計算式、ダイバージェンスの活用方法を解説 RCI(順位相関指数)|使い方や計算式、ダイバージェンスの活用方法を解説

RCI(順位相関指数)は、相場の過熱感やダイバージェンスなどを確認することで、さまざまな使い方ができます。まさに万能のRCIについて手法や計算式、注意点などをまとめました。「買われすぎ」や「売られすぎ」を把握すれば、相場の波にうまく乗れるでしょう。

ストキャスティクス |価格の振れ幅から相場の過熱感を測る ストキャスティクス |価格の振れ幅から相場の過熱感を測る

ストキャスティクスとは価格の振幅や値幅などから相場の過熱感を測る指標です。この記事では、分析方法や実践例を画像付きで解説しております!個人トレーダーの中でも人気が高く、特にレンジ相場では力を発揮するので強い味方になるでしょう!

MACD|2本動平均線からエントリーポイントやトレンドを判断 MACD|2本動平均線からエントリーポイントやトレンドを判断

MACDとは2本の移動平均線によって、相場の周期とタイミングを捉える指標です。エントリーポイントや設定、ダイバージェンスなど、図解で分かりやすくまとめました。ダマシについても解説しているので、MACDで勝てない人はご覧ください。

【RSIまとめ】RSI(相対力指数)一定期間の値幅から値動きの強弱を分析 【RSIまとめ】RSI(相対力指数)一定期間の値幅から値動きの強弱を分析

RSIとは、特定期間の上昇幅と下落幅の合計に対して、上昇幅の合計がどれくらいの割合かを表したオシレーター系のインジケーターです。RSIの計算式から解説し、売買ポイントや具体的な使い方までを、図解付きで説明していきます。基礎から応用まで理解できる内容となっています。

DMI(方向性指数)|DIとADXによるトレンド判定方法や設定値を解説 DMI(方向性指数)|DIとADXによるトレンド判定方法や設定値を解説

DMI(方向性指数)とは、トレンドの出現・強弱を分析する指標です。+DIと-DI、ADXという3本のラインを見ることで、相場の方向性や勢いが分かります。DMIの具体的なトレード手法や設定値についてまとめました。