テクニカル分析の解説サイト テクニカルブック

ビットコインを移動平均線で分析してみた

公開日:2022年4月11日 更新日:2022年5月2日

ビットコインでも移動平均線でチャート分析できる?

最近流行の仮想通貨(暗号資産)でも移動平均線でトレードできるのか分析してみました。

移動平均線の計算式からも明らかかもしれませんが、

結論としてビットコインでも他の株価や為替と同じように移動平均線でチャート分析は可能です。

2022年4月現在、最新の日足BTC/JPYで移動平均線20SMA(赤色)、200SMA(黄色)を表示させてみました。

移動平均線を使ったトレードはたくさんありますが、今回は分かりやすいようにゴールデンクロスやデッドクロスの例で見てみます。

チャート2021年1月から2022年4月頃までのチャートです。買いサイン①のところで、短期の移動平均線20SMAが長期の移動平均線200SMAを下から上に抜けていきました。ここでゴールデンクロスが発生しています。ここでエントリーした場合は残念ながら微妙な損失になってしまいます。しかし、買いサイン②で再度エントリーした時に大きく取り返すことができました。

短期の移動平均線が長期の移動平均線を上から下に抜けていきデッドクロスになっているポイントもありますが、長期の移動平均線が上向きなので、今回は買い目線のみで考えています。

ちなみに2022年4月現在、2021年11月から続いた下降の流れが落ち着き、ゴールデンクロスが発生し買いサインが点灯するかという注目のポイントです。

ビットコインのチャートだけ見ると、為替(FX)や株価のチャートと比較しても特に違和感なく移動平均線が有効であることが分かりました。

ビットコインで移動平均線が表示できるアプリは?

仮想通貨(ビットコイン・イーサリアム等)のチャートを移動平均線で表示できるアプリやソフトを紹介します。

まずスマホで使えるアプリですが、GMOコインのアプリがオススメです。

https://coin.z.com/jp/corp/guide/tool/wallet/

その理由は移動平均線が3本まで簡単に設定できて、操作も簡単だからです。

こちらが実際の設定画面です。

実際にチャートへ反映させるとこのような感じになります。

次にパソコンで仮想通貨(ビットコイン)のチャートを分析する場合は、MT5がオススメです。

ビットコインが表示できる業者は数少ないですが、FXGTなどでもビットコインのチャートを表示することが可能です。

ビットコインだけではなく、他の仮想通貨であるイーサリアムといった他の人気通貨も表示することが可能なので、本格的なチャート分析がしたい人はMT5がオススメです。

まとめ:ビットコインでも移動平均線は使える

今回は歴史が浅い仮想通貨のビットコインのチャートで移動平均線が使えるか確認した結果、為替(FX)や株の歴史ある市場と同じように、移動平均線は有効なテクニカル分析であることを確認できました。

新しいトレード練習アプリ-デモトレードの進化版-


タグを選択
トレンド分析

市場の全体的な方向性(トレンド)を見極めることを目的とした順張り型のテクニカル指標です。

トレンド分析
オシレーター分析
トレード理論
トレード用語
チャートパターン分析
トレード心理
ツール

【免責事項】

本サイトに掲載されている情報は、情報提供のみを目的としたものであり、投資勧誘や投資助言を目的としたものではありません。当該情報に基づいて行った取引のいかなる損失についても、当社は一切の責を負いかねます。投資に関する判断は、リスクを理解した上でご自身の責任で行ってください。また、当社は万全を期して情報を掲載していますが、当該情報の正確性および完全性を保証または約束するものでなく、今後、予告なしに内容を変更または廃止する場合があります。万一、当該情報の欠落・誤謬等が生じた場合にも、当社は責を負いかねますのでご了承ください。

Copyright © 2022 Technical-book. All rights reserved